サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 修造ランニング教室 レッスンノート 「ヒアリング」「フォームチェック」「改善レッスン」を行いました

「ヒアリング」「フォームチェック」「改善レッスン」を行いました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

年齢が上がると、ラン種目での距離が2㎞になるということで、この距離に対応出来るフォーム作りを念頭にフォームチェックを行いました。

■フォームチェック
フォームチェックは
・ウォーミングアップラン
・50m程度の短い距離
・1㎞走るつもりのラン
の3種類を見ました

1.ウォーミングアップラン
ゆっくりペースでのランニングです。
一番気になったのは体幹の軸がしっかりしていないことです。
身体が前後左右にブレて安定しません。

ランニングの基本は良い姿勢です。
良い姿勢を作るには体幹の軸が大事です。

2.50m程度の短い距離
良いフォームで走れています。
骨盤から上が前に倒れて、腰が曲がっているように見えるかも知れませんが、短い距離でしたら、この姿勢でもバランスを崩すくことなく走れますので良いです。

無理に矯正をすると変な力が入り、全体のバランスを崩すことになります。

3.1㎞走るつもりのラン
短い距離のフォームに近いですが、距離が伸びると良い姿勢がキープ出来なくなり、上体が前後左右にブレます。

腕の振りも脚の動きと合わなくなってきます。

1㎞でしたら何とか最後まで走れるかも知れませんが、2㎞になるとフォームが崩れてから走る距離が長くなってしまいます。

長い距離を最後までフォームが崩れないような走りを目指すと良いです。

■改善レッスン
1.身体の軸を作る
一番大事なのは体幹の軸です。
意識するのは
・軽くお腹を凹ませる
・意識をおへその下の奥(丹田)に集める
・丹田の意識を胸の下(鳩尾)まで伸ばし、「丹田~鳩尾」の軸を作ります
です。

力が入り過ぎてもNGです。

身体の奥に軸を作りながら、身体全体はリラックスして動ける状態にします。

2.フォームを崩さない意識
200m程の距離をフォームを最後まで崩さない意識で繰り返し走りました。
ポイントは
・身体の軸を最後までキープする
・同じリズムをキープする
です。

5:00~5:30/kmのペースで繰り返し、慣れてきたら距離の伸ばすトレーニング行うと良いです。

3.腕振り
腕振りは
・ランニングのリズムを作る
・フォームのバランスを取る
という役目があります。

最初はウォーキングでこの2点を意識すると良いです。

腕は引く意識が良いです。

ウォーキングをしながら腕振りでリズムを作るようにすると、自然に下半身の動きとのバランスが良くなってきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は初めてのレッスンでしたので、最初にヒアリングをさせて頂いてから、軽く一緒に走りながら、フォームと走力のチェックを行いました。 基礎体力はありそうですので、当面の目標を5kmにするのは丁度良いと思います。 最初に姿勢・ランニングフォームをチェックしました...

レッスンお疲れ様でした。 今回は初めてのレッスンでしたので、最初にヒアリングを行ってから姿勢・フォームチェック、改善レッスンへと進めました。 ■姿勢 姿勢は上体がやや後ろ気味で、骨盤がやや寝て(後傾)いるのが気になりました。 改善のポイントは ・骨盤の位置をやや後ろにする ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は体調が万全ではないようでしたので、負荷の高いトレーニングは控えて、基礎的なランニングの動きを復習しました。 ランニングの基本は下記です。 ・体幹を上手く使う(肘から先、ももから先は体幹が動けば自然に動く) ・体幹の中でも「丹田から鳩尾」は軸になる...

レッスンお疲れさまでした。 今回は5kmの大会に向けて1km8分ペースで走りました。 ■姿勢の確認 走る姿勢で軽い前傾が出来ているのはとても良いです。 最初にウォーミングアップをしながら、姿勢の確認をしました。 ・丹田に意識するが、お腹に力は入れ過ぎない ・骨盤から軽く...

レッスンお疲れさまでした。 ■着地意識のレッスン 着地音が左右で不均一な点と着地音が大きい点が気になります。 着地で地面に力を伝えるタイミングがよくないと着地音が安定しません。 今回は着地で地面反発を感じるための「ショートバウンディング」をレッスンをしました。 バウンディ...

レッスンノート ページ先頭へ