スポーツ教室ランニング教室レッスンノート ショートインターバル

ショートインターバル

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
脚は気持ちよく動き、呼吸もしっかりと追い込めました。

1 8の字でジョグ
  腰がきちんと乗っていくので、ブレーキがなくスムーズに走れていました。
  ターンの時にも一定のリズムのまま動き続けるようにピッチを刻むと、自然と速いリズムになりました。
  太ももを動かすタイミングでリズムを取ると膝がよく上がり太ももをしっかりと使った走りになりました。

2 直線歩行
  軸足の使い方を考えていきました。
  つま先に乗っていくのではなく、土踏まず辺りで地面を押さえるように踏み、鼠径部からおなかの横辺りをピンと張るように上に伸びます。
  
3 外周を使ってショートインターバル
  短い距離のなかで呼吸が上がることに慣れていくような走り方をしました。
  キツくなってからも、腰が引けることなく動けており、最後まで脚は軽い、という状態で走れていました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta