サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート ショートインターバル

ショートインターバル

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
脚は気持ちよく動き、呼吸もしっかりと追い込めました。

1 8の字でジョグ
  腰がきちんと乗っていくので、ブレーキがなくスムーズに走れていました。
  ターンの時にも一定のリズムのまま動き続けるようにピッチを刻むと、自然と速いリズムになりました。
  太ももを動かすタイミングでリズムを取ると膝がよく上がり太ももをしっかりと使った走りになりました。

2 直線歩行
  軸足の使い方を考えていきました。
  つま先に乗っていくのではなく、土踏まず辺りで地面を押さえるように踏み、鼠径部からおなかの横辺りをピンと張るように上に伸びます。
  
3 外周を使ってショートインターバル
  短い距離のなかで呼吸が上がることに慣れていくような走り方をしました。
  キツくなってからも、腰が引けることなく動けており、最後まで脚は軽い、という状態で走れていました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 体幹の力がしっかりと使えていたら、上体のブレは抑えられることが分かりました。 1 おなかの力   ①両足を腰幅よりやや狭い目、つま先を開き気味にして立つ。   ②腰が反らないように真っ直ぐを保ったまま、踵に体重を乗せる。    おなかに力を入れて前後のバランス...

お疲れさまでした。 動きの中で、左右の違い、接地の感覚など、自分でいろいろと感じ取れることが多くなってきました。 1 体幹のトレーニング   後ろ→前の重心移動で、土踏まずで踏む感覚、おなかの横の部分に力が入る感覚、をつかみ、足踏みします。   両手を後ろに組み、体幹のバランスのみ...

お疲れさまでした。 おなかの力を確認し、体幹でバランスを取って走ることをやりました。 太ももの上げづらさについては、おなかの力の入れ方と腰の安定の面から考えただけだったので、不十分だったと反省しており、次回、別の面からも考えていきます。 1 体幹でバランスを取る   最初のジョグの...

お疲れさまでした。 スムーズにスピードが上げられるようになりました。 1 重心の位置とおなかの力   ①両足を腰幅よりやや狭い目、つま先を開き気味にして立つ。   ②体重を踵に乗せ、おなかの力で反らないようにバランスを取る。   ③踵から徐々に前へ体重を移動させていき、土踏まずに...

お疲れさまでした。 ランニング復帰に向けて、今やっておくべきトレーニングを紹介しました。 1 大腿四頭筋   内側広筋や内転筋を優位に使えるようにしていきましょう。   股関節内旋ぎみでつま先内向きや、足関節背屈で行います。 2 体幹   ①腹筋(ボールを使っている腹筋の代...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta