サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート お尻の位置を高く保つ

お尻の位置を高く保つ

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
お尻の位置を高く保つことができるようになりました。

1 ジョグ

2 おなかの力
  下り坂で少し後ろにもたれ掛かるような姿勢をとり、太ももを軽く引き上げるような足踏み。
  今日は、軸足の使い方を考えていきました。
  軸足側の膝を伸ばし、お尻と太ももの境目辺りに力を入れて、地面を押すようにすると、太もも内側からおなかにかけても自然と力が入り、ピンと張ったような感じになります。
  その状態で動くと、お尻の位置が落ちません。

3 直線歩行
  2でやった軸足側の力の使い方を直線歩行のなかで試してみました。

4 スキップ
  つま先の蹴りや足首、膝のバネをできるだけ使わないで、フラットな接地でスキップをします。
  足の力が抜けていれば、着地の衝撃はお尻、股関節辺りで感じられ、もう片方の足は頑張って引き上げなくても自然と軽く跳ね返ってきます。

5 ジョグ
  最初のジョグよりも、リズムが速く、脚がどんどん動いていくような感じになりました。
  軽い、という感覚だったと思います。
  お尻の位置が高くなり、足が真下につけるようになったので、接地時間が短くなりました。
  今までにない感覚で体が進んだと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 ふくらはぎの力を使ってない、という感覚で走れるようになってきました。 1 上体の位置と接地位置   上り坂を使いました。   ①真っ直ぐ立って、まずは、踵に体重を乗せ、下腹部に力が入るのを確認。   ②少しずつ前へ移動させ、土踏まずに乗る。(この時は、おなかの...

お疲れさまでした。 先週のレッスンで、今までとは違う重心の位置(ブレーキを外した状態)を知りました。 この重心位置のまま走り続けられたら脚は力を使わないで済むので楽なのですが、まだ慣れてないので、足(土踏まず~拇指球という乗る場所)は頑張って位置をキープしても、上体が慣れた場所(後ろ)に戻...

お疲れさまでした。 途中、姿勢の確認や修正をしながら、16km走りました。 1 風に惑わされない。   向かい風の時、肩から突っ込みぎみになるので注意します。   肩や胸よりも、おへその下辺りで(おなかを引っ込める方の力が足りないと、おなかをつき出すだけになるので注意)風を受けるイ...

お疲れさまでした。 重心の真下で接地することを練習していきました。 今までには無い感覚なので、バランスに慣れるまでは、時間がかかるかもしれませんし、下りでは無意識のうちに支えようとして足が前に出てしまいますが、繰り返しやっていくうちに慣れていきます。 1 ウォーク→ジョグ   腰の...

お疲れさまでした。 先週の右でのコントロールに、太もも内側の意識を加えると、脚が回る感じになってきました。 1 ジョグ   先週やった、右でのコントロールはできていました。   これを、より動きやすくスムーズになるように、少しずつ修正を加えていきました。 2 太もも内側 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta