サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート お尻の位置を高く保つ

お尻の位置を高く保つ

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
お尻の位置を高く保つことができるようになりました。

1 ジョグ

2 おなかの力
  下り坂で少し後ろにもたれ掛かるような姿勢をとり、太ももを軽く引き上げるような足踏み。
  今日は、軸足の使い方を考えていきました。
  軸足側の膝を伸ばし、お尻と太ももの境目辺りに力を入れて、地面を押すようにすると、太もも内側からおなかにかけても自然と力が入り、ピンと張ったような感じになります。
  その状態で動くと、お尻の位置が落ちません。

3 直線歩行
  2でやった軸足側の力の使い方を直線歩行のなかで試してみました。

4 スキップ
  つま先の蹴りや足首、膝のバネをできるだけ使わないで、フラットな接地でスキップをします。
  足の力が抜けていれば、着地の衝撃はお尻、股関節辺りで感じられ、もう片方の足は頑張って引き上げなくても自然と軽く跳ね返ってきます。

5 ジョグ
  最初のジョグよりも、リズムが速く、脚がどんどん動いていくような感じになりました。
  軽い、という感覚だったと思います。
  お尻の位置が高くなり、足が真下につけるようになったので、接地時間が短くなりました。
  今までにない感覚で体が進んだと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 腰の位置が少し前になるだけでスピードが自然に上がることが分かったと思います。 1 腰の位置   上り坂を使って動きました。   ①最初の脚は太ももを引き上げて、元の場所を踏む。    太ももを引き上げる時に、腰がクネッと動いたり、骨盤の傾きが変わったりしないよ...

お疲れさまでした。 上体が安定し、軽い動きで走れていました。 1 ジョグ   腕の位置を少し下に(手首が腰の辺り)してみました。   腰が引けにくくなり安定させやすいです。 2 体幹でバランスを取る   ①両手を後ろに組み、その場で足踏み。    股関節を意識して、太もも...

お疲れさまでした。 今日はピッチを意識した走り方をしました。 1 ジョグ、動き   斜め歩きをしました。   左右の腰の動きのクセも良く分かったと思います。   斜め前に進むときの、腰の入り方など動きは全体として以前よりは良くなってきています。   良くなってきたからこそ、その...

お疲れさまでした。 加速に入ってからの動きが良くなりました。 背中の使い方ひとつで、大きく変わることも分かったと思います。 1 ジョグ   8の字で走りました。   後半は、体幹のトレーニングとして、両手を後ろに組んで、上体のバランスだけで動きました。 2 円を回る動き ...

お疲れさまでした。 今日は、腰の位置が上手く決まらず、脚を使ってしまったのでしんどい走りになりました。 1 ジョグ   8の字で走りました。   腰の位置はすんなりと決まり、スムーズに動けました。   重心移動のときに、上体が一旦ニュートラルな位置に戻ってきます。   前に...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta