サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 腰、股関節周りのトレーニング

腰、股関節周りのトレーニング

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
膝に違和感が出たので、その原因を考え、違和感が出ない力の使い方、姿勢の取り方をトレーニングしていきました。

1 ウォーク
  おなかに力を入れ、股関節の動きを意識して、自分の体の真下を踏むようなイメージで足を置いていく。

2 腰(腸骨筋)を柔らかく使う
  ①仰向けになり足を少しずつ上げていって背中側を丸めるようにする⇔うつ伏せから、肩甲骨辺りで反っていく(腰部分で反るのではない)
  ②真っ直ぐ立った状態で首、肩、背中の順に丸めていき、おなか側から腰側に向かて突き上げるように力を入れる⇔太ももの付け根の前側を伸ばすような感じで後ろに反る(腰部分で反るのではない)

3 股関節を柔らかく使う
  長座で手を後ろにつき、おなかの力を入れ、腰が反らない姿勢を取る
  ①片方の脚を軽く開き、開いたところから、左右に動かす。
  お尻が浮かないように注意して、股関節部分のみで動かす。
  ②ゆっくりと曲げ伸ばし(膝が外を向かない範囲で少しだけ)
  これも、お尻や腰をクネっとして動かさなくてもできる範囲で行います。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 20km以上走ったら全体にしんどくなるということだったので、まずは、もう少し楽をできる部分が無いか、考えていきました。 1 背中   背中をもっと楽にすることを考えました。   頭や肩、背中など上の方の力を全部おへその下に集中させるようなイメージを持ちます。 ...

お疲れさまでした。 前半は、体幹のトレーニングをしながら走り、後半は太もも内側の感覚をつかむことをやっていきました。 1 重心後ろ、もも上げからのジョグ   重心後ろで踵に乗り、つま先を使わず太ももを引き上げます。   腰が反らない(弓なりにならない)よう、おなかの力をしっかりと効...

お疲れさまでした。 まずは膝裏に出た違和感の原因を考えていきました。 『土踏まずを意識』の使い方に間違いがあり、重心より前で接地していたことが原因でした。 1 修正のポイント   土踏まずでお尻の真下を踏む、に加えて、太ももの内側を少し意識します。(下ろすとき)   太ももの内側...

お疲れさまでした。 肩が揺れないようにするための力の使い方が分かってきました。 右足、左足の動きの違いも感じられたと思います。 1 ウォーク→ジョグ   最初の足踏みの時、土踏まずのやや内側寄り、太ももの内側を意識することで、真下が踏みやすく(足が前に出過ぎない)なります。 ...

お疲れさまでした。 ストライドを小さ目にコントロールし、重心の真下で接地しよう、というのは、すでに意識されていましたので、その状態をつくりやすくすることを考えていきました。 1 ジョグ 2 太ももの内側   土踏まずで真下を踏む足踏みをする。   太ももの内側を意識すると、土...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta