サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 重心移動の感覚

重心移動の感覚

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
足を出して掻いていくのではなく、腰の辺りから重心を前に移動させていくという動きをつくっていきました。

1 ジョグ
  前回までにやってきたフラットな接地はできていました。

2 直線歩行
  おなかの横の力で踏ん張るようにします。
  爪先が内向きにならないように踵をやや絞り気味に置いていくと、太もも内側からおなかの横の辺りにかけて力が入りやすくなります。

3 斜め歩き
  斜め走り→真っ直ぐジョグ
  足からではなく腰からいくイメージで動きます。
  体重が後ろの足に残らないようにします。

4 8の字
  斜めと同じで、腰の辺りから方向を決めていくような感じで回ります。

5 蛇行→ジョグ
  300mを4本走りました。
  足からではなく、腰の位置から前に進んでいく動きができています。

6 1kmジョグ
  
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 腰から行く感覚をつかんでもらいました。 1 姿勢   少し前のめり気味(肩が前に入りお尻が後ろに残っている)だったので腰の真上に肩が乗っかっている状態をつくりました。 2 体幹でバランスを取る   1の姿勢で、その場で足踏みをする。   両手を後ろに組み...

お疲れさまでした。 衝撃のない接地ができるように、力の使い方や動きを考えていきました。 1 腰の高さ   背中にストレスがかからないように、緩めたまま腰の位置を高くキープする。   接地位置が自然とやや手前になり(膝から下で掻く動きがなくなる)、歩幅が小さくなります。 2 股...

お疲れさまでした。 腰の筋肉を柔らかく使えるようにしたら、動きが楽になることが分かりました。 1 ウォーク→ジョグ   右をやや手前に置くつもりで動くと、左右差がなくなってきます。 2 腰の筋肉を柔らかく   ①首、肩、背中を丸めていき、おなか側から腰に向かって、押し込むよう...

お疲れさまでした。 前回の最後に課題として残った、太ももの引き上げの動きが分かってきました。 これができると、腰高な姿勢が維持できるようになり、さらにそこからの加速でより、脚の力を使わずにスピードに乗れるようになります 1 太ももの引き上げ   膝が胸に向かって引き付けられるように...

お疲れさまでした。 前半は体幹のトレーニングを中心に行い、軽い接地でジョグが動くための力の使い方をつかんでもらいました。 1 ジョグ   速く走っている時は目立ちませんが、ゆっくりになればなるほど、1歩1歩に乗るのが目立ちます。   ゆっくりでも軽い接地で走るための力の使い方をトレ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta