サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート おなかの力

おなかの力

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
おなかの力が上手く効いていれば、前への重心移動もスムーズにできることが分かったと思います。

1 直線歩行
  軸足側の力の使い方を考えていきました。
  軸足側の膝は曲げないようにし、おなかの横の辺りがグッと伸びて力が入ることを感じながら動きましょう。

2 斜め歩き
  斜め走り→真っ直ぐジョグ
  斜め歩きのときは、体重が後ろの足に残らないようにし、動き始めるのと同時に、重心も斜め前へ移動し始めるようにします。
  斜め走りのとき、足からではなく腰の位置から行くようにすると、ひょこひょこした動きはマシになります。
  
3 ジョグ
  斜めからジョグに入ると、腰の位置からの重心移動がスムーズにできました。

4 おなかの力
  斜面を使って
  横、蛇行、8の字
  おなかに力をしっかり入れて、腰が反らないように注意します。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 上体の位置が上手く決まり、腰が安定していれば、腰から進む感じになります。 1 ジョグ   腰、背中が反らない姿勢は取れています。 2 上体の位置   上り坂を使いました。   土踏まず~拇指球に乗り、真下を踏む足踏みをします。   太ももを上げる時に、...

お疲れさまでした。 上体の位置、右腰の安定、この2点が上手くいけば、左に違和感を感じずに走れることが分かりました。 1 ジョグ 2 上体の位置   上り坂を使いました。   土踏まず~拇指球に乗ります。   指まで行ってしまうと、前のめりになり接地時に摩擦を生じる感じでブレ...

お疲れさまでした。 初めてのレッスンだったので、『走る』という動きの力の使い方を中心にレッスンを進めました。 1 おなかの力   おへその下の方を引っ込めるようなイメージで内向きにグッと力を入れます。   仰向けになり、膝を立てた状態で、腰、背中を床に押し付け、隙間ができないように...

お疲れさまでした。 ゆっくり走る時の動きが良くなってきました。 速い時と同じように、体幹をしっかりと使って走れています。 1 ジョグ   1歩1歩に乗り込んでしまわないように、というのはできていました。   接地位置がもう少し手前になれば、跳ねる感じが抑えられます。   2 ...

お疲れさまでした。 体重を乗せる位置を坂を使って確認していきました。 1 ウォーク→ジョグ   重心の位置を確認(土踏まず~拇指球)   左に沈む感じ→右のおなかの横に力を入れ、右の接地~離す、を素早く。   速すぎる、と思ったら、おなかの力をグッと入れて、真っ直ぐ真上に高い姿勢...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta