スポーツ教室ランニング教室レッスンノート おなかの力

おなかの力

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
おなかの力が上手く効いていれば、前への重心移動もスムーズにできることが分かったと思います。

1 直線歩行
  軸足側の力の使い方を考えていきました。
  軸足側の膝は曲げないようにし、おなかの横の辺りがグッと伸びて力が入ることを感じながら動きましょう。

2 斜め歩き
  斜め走り→真っ直ぐジョグ
  斜め歩きのときは、体重が後ろの足に残らないようにし、動き始めるのと同時に、重心も斜め前へ移動し始めるようにします。
  斜め走りのとき、足からではなく腰の位置から行くようにすると、ひょこひょこした動きはマシになります。
  
3 ジョグ
  斜めからジョグに入ると、腰の位置からの重心移動がスムーズにできました。

4 おなかの力
  斜面を使って
  横、蛇行、8の字
  おなかに力をしっかり入れて、腰が反らないように注意します。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta