サイタスポーツ教室ランニング教室 愛知 ランニングスクール レッスンノート インターバル

インターバル

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・アップ
・動きづくり
・150x10本
・ダウン
・ストレッチ

お疲れ様でした。
レースも自己新連発おめでとうございます。これからも過去の自分を超えられるようにトレーニングしていきましょう。今回はインターバルトレーニングに挑戦してみました。今回は初めてなのでどういうものなのかを感じてもらうため短めの距離で行いました。ポイントはつなぎのジョグを落としすぎないこと、フォームを意識して丁寧に走ることです。特に後半疲労が出てきてからが大事です。この練習は速く走るよりも目標の本数をしっかりこなすことを心がけましょう。そうでないと持久力のトレーニングになりません。1本目や2本目で張り切りすぎないようにしましょう。慣れてきたら距離を長くしたり、本数を増やしたり、ペースを上げてみたりしましょう。負荷が大きいため週1、2回くらいで大丈夫です。練習後はいつもよりもダウンを長くしてケアしてあげてください。
新着レッスンノート

お疲れ様でした。 今回は基本的なフォームのポイントについてお話ししました。 まずは、姿勢よく重心を高い位置にキープしてみましょう。その状態から上半身の体重移動を利用して前に進みます。 脚を使う時は股関節を意識します。走る前に動きづくりを試してみましょう。 腕振りはコンパ...

朝早くからお疲れ様でした。 今回は足の痛みが出にくいフォームについてお話ししました。 まずは、親指を使う意識を持ちましょう。それをしやすくするため足の指のトレーニングなどを取り入れてみましょう。 歩くときと走るときに最後まで親指が地面に着いている感覚を意識してみましょう。 ...

・アップ ・股関節の動きづくり、筋トレ ・クロスカントリー走 ・ダウン、ストレッチ お疲れ様でした。 今回は股関節周りの動きづくりや補強についてです。 脚を動かすときは股関節から動かす意識が大事です。歩くときなども意識し、慣れていきましょう。 ・壁のそばに立ち、脚を前...

・アップ ・重心の位置について ・前傾姿勢について ・3キロ(4'45.4'59.4'59) ・流し×4 ・ダウン お疲れ様でした。 本日はフォームについてお話ししました。 まずは腰の位置ですが、腰が落ちて重心が低いフォームは着地時に膝が曲がりすぎ、負担がかかります。 ...

・フォームについて ・股関節のための筋トレ ・インターバル ・ダウン、ストレッチ お疲れ様でした。 今回は負担のかかりにくいフォームと練習方法についてでした。 股関節に負担をかかりにくくするために、膝と体幹の使い方を意識しましょう。 膝はつま先と同じ向きになるようにしまし...

レッスンノート ページ先頭へ