サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

暑い中のレッスン、お疲れさまでした。
今日は、初めてだったので『走る』という動きについてのレッスンが中心になりました。

1 直線歩行
  おへその下あたりをぐっと引っ込ませるように力を入れ、頭の上から糸で引っ張られたようなイメージでまっすぐ上に伸びる。
  片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の足のつま先の前にゆっくりおろす。
  膝を引き上げる時に、おなかの力でお尻を引き上げるようにしておかないと、お尻が後ろに落ちます。

2 股関節の動き
  ①腸骨のでっぱり部分を軽く抑えて、股関節の動きで足踏み。
  ②斜め歩き
  股関節が動きにくいと、腰の捻りを使って動いてしまいます。

3 ランジ
  重心移動の感覚をつかむためにやりました。
  腰は反らないようにし、上体がゆがんだり揺れたりしないようにします。
  仙骨あたりを後ろから軽く押されるような感じで、前にほんの少し体重を乗せます。
  上体と脚の運びが同時になるようにします。

4 もも上げから『走る』形へ
  軽くもも上げをした状態から、重心を少しだけ前に乗せると、ゆっくり進みます。
  この動きの時には、太ももの切り替えしを使って走っています。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 スピードに乗った状態でスムーズに走り続けるために必要なことが、いろいろと分かってきました。 ストライドを上手くコントロールできれば、疲れてきても、ベタベタせずに走れます。 1 ジョグ   太ももの動きを、ほんの少し大きくするだけで、進む感覚が全く違うことが分かり...

お疲れさまでした。 走る動きは良くなっています。 上手く疲労を抜いて、次につながるようにしていきましょう。 1 中心軸   体の真ん中に力を集中させ、ブレない動きをつくることを考えましたt。   ①サイドステップ   ②クロスステップ   体の真ん中の軸が、一直線上を進むよう...

お疲れさまでした。 膝から下(特に足首)の力を抜くことを考えました。 1 ジョグ   以前に比べ、足と足の左右の幅が狭くなってきました。   重心高く、が自然にできるようになってきています。 2 足の力を抜く   ①片方の膝を引き上げ、手で軽く留めた状態で一旦静止し、手を放...

お疲れさまでした。 軽い動きをつくるためのポイントを確認しました。 1 ジョグ   ①仙骨とおなか   ②背中が力んでないか   ③フラットな接地で太ももを動かせているか   これを確認し、足踏みからスタートすると軽く動けました。 2 体幹のトレーニング   不整地で行...

お疲れさまでした。 体が重い、ということでしたが、後半はスピードも上がり軽い動きになっていました。 1 ジョグ   仙骨を意識して腰が反らない姿勢を取りました。   太ももが動きやすくなります。 2 腰の捻りを止める   両手をお尻に当てて、腰の捻りを使わないようにし、太も...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta