スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
初めてのレッスンでしたので、『走る』という動きの基本的な力の使い方を練習しました。

1 姿勢
  おへその下辺りをグッと引っ込ませるように力を入れ、頭の上から糸で引っ張られているようなイメージで真っ直ぐ上に伸びる。
 
2 股関節の動き
  腸骨の出っ張りの部分を軽く押さえて腰の捻りが入らない状態を作り、1の姿勢で、太ももを引き上げて歩く。
  おなかの力が抜けるとお尻が落ちるので、おなかの力で上体を引き上げるようにする。
  
  斜め歩き
  大きく足を出そうとすると、腰の捻りを使ってしまうので、腰を捻る動きを使わずに股関節の動きのみで動ける程度で構いません。
  
3 直線歩行
  1の姿勢から、片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の爪先の前にゆっくり下ろす。
  膝を引き上げるときは、マリオネットになったイメージで上から吊られるように真っ直ぐ引き上げ、膝から下の力は抜く。
  腰の捻りが入ると、左足は内向きに接地してしまい、どんどん左方向に進んでしまいます。
  腰の捻りが入らないようにし、股関節をしっかち動かせば、内向きにはならず、真っ直ぐ進めます。

4 ランジ
  1の姿勢から、仙骨辺りを軽く押されるような感じで前に体重を乗せていくと脚が自然にでます。
  おなかの力が抜けると腰が反ってお尻が後ろに残ってしまうので、お尻ごと前に平行移動するような感じで動きます。

5 『走る』動き
  足をフラットに接地させ小さく足踏みをする。  
  4の感覚でおなか辺りを中心に前に体重を乗せていくと自然に進みます。
  
股関節がきちんと動いているときには、足は内向きになることもなく、足首で捻って蹴るような動きも出ません。
外反母趾の原因となる動きを、上の方から少しずつ解消していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta