スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
初めてのレッスンでしたので、『走る』という動きの基本的な内容を中心にレッスンを行いました。

1 肩甲骨周辺を柔らかく動かしておく

2 直線歩行
  基本的な姿勢は上手に作れています。
  その姿勢をキープしたまま、片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の足の爪先の前にゆっくり下ろす。
  動きの途中で、おなかの力が抜けないようにします。

3 斜め歩き
  爪先、膝は正面向き、上体も常に正面を向くようにし、股関節をしっかり動かして進みます。

4 もも上げから『走る』動きへ
  もも上げのときは、おなかの力で上体を引き上げたまま、足はフラットに接地する。
  重心を後ろ→真ん中→前の順にゆっくり移動させると共に、おなかから前に押していくように進みます。
  腰が反った状態にならないよう注意します。

体幹部分が安定してくると、腕も自然に真っ直ぐ振れるようになってきます。
姿勢の作り方など基本的な内容は身に付いていますので、体幹を安定させ、股関節を動きやすくしていくことで、力をいっぱい使わなくても走れるようにしていきたいですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta