スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 『走る』という動き

『走る』という動き

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
『走る』という動きについて基本的な内容をお話しました。

1 直線歩行
  おへその下辺りをグッと引っ込めるように力を入れ、頭の上から糸で引っ張られるようなイメージで真っ直ぐ上に伸びる。
  片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の足の爪先の前にゆっくり下ろす。
  動きの途中で、お尻が後ろに落ちないように、おなかの力を使って上体を引き上げておく。

2 ランジ
  直線歩行と同様の姿勢から、重心を前に移動させていき、脚を自然に出す。
  動きの途中でおなかの力が抜けると、お尻が後ろに残るので、おなかの力を入れたまま、お尻ごと前に平行移動させるように動く。

3 もも上げから『走る』形へ
  足をフラットに接地し、お尻が後ろに落ちないように上体を高い位置でキープしたまま、太ももを引き上げて足踏みをする。
  重心を後ろから、真ん中、前へと移動させていき、おなかの辺りを中心に前に進み出す。
  
4 乗り込む(踏む)感覚
  接地した時の、足の位置とお尻の位置関係をとらえるために行いました。
  
5 斜め歩き
  爪先、膝は常に正面を向くようにし、股関節をしっかり動かして脚を出します。
  腰の捻りを使わないようにします。

最初のジョギングでは、足首の蹴りで力を出しており、1歩1歩に乗って沈む動きが大きかったのですが、3の練習でフラットな接地を意識してからは、太ももを使った動きができるようになり、沈む動きが小さくなりました。
動き全体としてもスムーズになりました。
沈む感じになるときには、ストライドを少し小さめ、ピッチを少し速めにして、走ってみるといいでしょう。
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta