スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 重心移動

重心移動

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
これから距離を伸ばしていくにあたり、ふくらはぎの力に頼らず、体幹部分、太ももなどの大きな筋肉を使って走る動きを身につけてもらうことを狙いとしました。

1 直線歩行(重心位置を高く保つためのトレーニング)
  おへその下辺りをグッと引っ込めるように力を入れる。
  片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の足の爪先の前にゆっくり下ろす。
  動きの途中で、おなかの力が抜けないようにします。

2 ランジ(重心移動の感覚をつかむトレーニング)
  直線歩行と同様の姿勢から、体重を少しずつ前に乗せていき、自然に脚を出す。
  腰の位置をお尻ごと前に平行移動させるようなイメージで、おなかから前に押していくように動きます。
  上体が先、脚は後、という感覚です。
 
3 その場での足踏みからジョギングの動きへ
  足踏みの時は、フラットに接地し、おなかの力をしっかりと使って太ももを引き上げます。
  重心を少しずつ前に移動していき、おなかを中心に前に進み出します。
  足から先に前に行くのではなく、おなかから先に前に行くイメージです。

4 ジョギング
  初めのジョギングと比べて良くなった点は
  ①重心が高くなり、お尻が後ろに残らない姿勢で走れている。
  ②膝から下が前に出過ぎることがなく、重心の真下に近い位置に接地できている。
  ③1歩1歩に乗っている時間が短くなっている。
  など、効率の良い動き方になってきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta