スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 太ももを使った走り

太ももを使った走り

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
レッスンノートの記入が遅くなってしまい、申し訳ありません。

今日は、ジョギングの時の腰の位置を、もう少し前に持ってくることを狙いとしてレッスンを行いました。
太ももをしっかり使った動きも、腰が前に入ればつくりやすくなるのですが、その点も今日は並行して進めることができました。

1 直線歩行
  引き上げた足を下すとき、膝から下は力を抜き、真下にストンと下すようにします。
  フラットに接地し、真上にグッと体重の乗せると、骨盤が軽く前傾した形が自然にとれます。

2 その場での足踏みからジョギングに入る
  ジョギングの時、ふくらはぎが張る感じがする、ということだったので、ふくらはぎをあまり使わないで、太ももを使った走りに変えていくためにやりました。
  おなかに力を入れ、上体を引き上げた姿勢から、フラットな接地で小刻みに足踏みをし、ピッチが上がったところでおなかを中心に軽く前に体重を乗せていき、進みだす。

3 8の字
  おなかの力が抜けないように意識します。
  きれいな前傾姿勢がとれていました。

ふくらはぎの力に頼らない、太ももをしっかり使った走りができてきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta