スポーツ教室ランニング教室レッスンノート カウンセリングとフォームチェック

カウンセリングとフォームチェック

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験のレッスンお疲れ様でした。
わざわざ皇居まで足を運んで頂きありがとうございます。

日頃のランニング練習の状況などカウンセリングさせて頂き、目的に対しての解説を致しました。
呼吸は人によって深い浅いとあるので一つの答えはありませんが、まずは腹式呼吸を日常生活の中で意識してみるのもひとつです。
また、吸うよりは吐く方を意識しましょう。

身体づくりと膝に関しては、撮影してみたフォームからもわかるように"エネルギー効率の良い足運び"を目指していくのが良いと私は判断します。

摩擦抵抗を少なく着地。そして接地時間を短くする。これらを行うにはリアフット(かかと着地)より、ミッドフット(フラット着地)かフォアフット(前足部着地)の方が効率が上がります。

姿勢でもわかるように、猫背やO脚などは一時的に意識して良くすることはできても、気がそれるとすぐ元のクセに戻ってしまい改善には継続的な努力が必要です。

フォームもひとつの姿勢でありクセですから、今からコツコツと意識して新たしい形を身体に覚えさせましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

ダイエット~マラソン完走まで。講習会経験もある現役トレーナー

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta