スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 「ヒアリング」「フォームチェック」「ランニング基礎」を行いました

「ヒアリング」「フォームチェック」「ランニング基礎」を行いました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回は
・ヒアリング
・ランニングフォームチェック
・ランニング基礎レッスン
を行いました。

■ランニングフォームチェック
まずペースの速さに驚きました。
いつも速いペースでトレーニングしているようですね。
脚の回転が速くピッチでスピードを出しています。

速い脚の回転が出来るのは速く走る為のアドバンテージになります。

気になった点は
・足を前に出す意識が強い
・着地で身体の真下に重心が乗せれていない
です。

着地で重心を乗せるポイントが身体の軸より少し前になっています。
この動きは前に進む力にブレーキを掛けていますし、ももの前に負担をかけます。

膝痛の多くはこのももへの負担が原因です。


■ランニング基礎レッスン
1.体幹意識
ランニングで一番大事な部分です。
「お尻」と「お腹」の力で押し合い、力の中心となる「丹田」を意識します。

この意識がしっかり出来ると着地でしっかりと重心を乗せることが出来ます。

(1)腹筋の意識
 ①立ち姿勢を作ります。
 ②お腹を凹ませ腹筋を緊張させながら、肋骨を引き上げます
 ③力を抜きます
 ④上記②~③を繰り返します

(2)お尻の意識
 ①立ち姿勢を作ります
 ②お尻の肉を寄せるように力を入れます
  ※力を入れると骨盤(腰)が少し前に出ます
 ③力を抜きます
  ※骨盤が元の位置に戻ります
 ④上記②~③を繰り返します

(3)体幹の意識
 ①立ち姿勢を作ります。
 ②お尻の肉を寄せるように力を入れます
  ※力を入れると骨盤(腰)が少し前に出ます
 ③お腹を凹ませながら、お尻の力を押し返します
 ④お尻の力とお腹の力でバランスを取り下半身を安定させます
 ⑤おヘソの下の奥(丹田)に意識を置きます

(4)ランニング姿勢
 ①体幹意識をします
 ②体幹意識をキープしたまま体の表面に筋肉を緩めます
  ※丹田の意識はキープ
 ③その場で足踏みウォーキングして身体の表面をリラックスさせます


2.骨盤の動き
骨盤を動かすには腹筋、背筋、お尻の筋肉を使います。
これらの筋肉が上手く使えると楽に長く走れるようになります。

最初はゆっくりと正確に動かすことを心がけましょう。

(1)骨盤を動かす意識
 ①骨盤を左右交互に上げる
 ②骨盤を左右交互に前に出す
 ③骨盤を交互に下げる


3.着地で重心を身体の真下に乗せる
ジャンプ動作で身体の真下に着地する感覚を養い、同時に着地で体幹を意識します。

体幹で着地衝撃を受け止める意識は今後レッスンする、「着地衝撃を推進力に変える動き」に役立ちます。

(1)両足でのジャンプ動作
 ①立ち姿勢を作り体幹意識を入れます
 ②その場で両足ジャンプをします
  ※着地時に体幹で着地衝撃を受ける感じ
 ③体幹で受けた着地衝撃を股関節を伸ばすことでジャンプの力に変える
  ※足首を使ってジャンプをしないように
 ④上記②~③を繰り返します。

(2)片足でのジャンプ動作に切り替える
 ①両足でのジャンプ動作をします
 ②片足交互でのジャンプ動作に切り替えます
 ③少しづつ前に進んでいきます
 ④ランニングに近づけます
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

修造ランニング教室
北村修造 (ランニング)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・原宿・武蔵小杉・新横浜・中目黒・学芸大学・田園調布・多...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta