スポーツ教室ランニング教室レッスンノート ランニングはじめの一歩

ランニングはじめの一歩

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

4/20 本日のレッスン内容
アップ:桜田門周回
ドリル:腕振り、前傾姿勢、丹田(おへその拳1個分下)の意識づくり、真下着地ドリル等
メイン:皇居1周(5㎞)
クールダウン:ストレッチ各種

アップ後にフォームを確認させていただきました
・肩甲骨(腕振り)
・骨盤
・丹田(ヘソ下)
上記3点への気付きについてドリル等を通じて体験して頂きました。

着地時の足音が気になるとのことでしたが、
骨盤がやや立ち気味で、地面への接地時間の長さと腹圧が抜けた感じになっていましたので、
・全身を硬いバネにした意識でのジャンプ
・ドリブルジャンプで母指球を意識
・ミドルフット着地(空き缶つぶし)
等、メインのランの途中で織り交ぜながら走ってみました。

肩からリラックスすることで、肩甲骨からの骨盤への自然な連動が出来ていましたね。

骨盤の前傾は、なかなか意識しづらいところですが、丹田(へそ下)に力を入れお尻の筋肉で上げてあげることで前傾する動きができるようになってきます。

座り仕事の際の骨盤への意識など
ぜひ、日常生活でも取り入れてみてください。
ランニングペースは概ね6分前後のペースを保つことが出来ていました。

まずは、今日のドリルで学んだことで、出来そうなものから続けていってくださいね。
お疲れ様でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

現役トライアスリートで入賞歴有り!身体つくりから故障を防ぐケアまで伝授

ランニング はじめの一歩
木家勝之 (ランニング)

東京・信濃町・千駄ケ谷・竹橋・半蔵門

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta