スポーツ教室ランニング教室レッスンノート 腰の位置

腰の位置

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
前回のレッスンでは、重心を高い位置でキープすることを中心に行いましたが、今日は、高い位置のまま前に移動させることを重点的にレッスンを行いました。

1 直線歩行
  膝から下の力を抜くこと、
  接地した足の拇指球あたりにグッと乗り込み、骨盤が軽く前傾した姿勢をつくること、をやりました。

2 ランジ
  おなかの力で足の接地をコントロールするようなイメージで動くこと、
  上体を安定させたまま動くこと、をやりました。

3 シャトル
  足をフラットに接地すること、
  その場での重心の移動(後ろ→真ん中→前)をじっくりおこなってから、進みだすこと、をやりました。

シャトルが今日の練習のポイントです。
前回からの1ヶ月で、おなかを意識した重心の高い姿勢が自然にとれるようになっていたので、前への重心移動も前回より、かなりスムーズにできました。
シャトルで前に走り出すときには、腰の位置がかなり前になっており、お尻が残らない姿勢がとれていました。



  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta