サイタダンス教室ストリートダンススクールポップダンス 東京 あいしゅのポップダンススクール レッスンノート ポップやヒットが出来なくても大丈夫!簡単なステップだけでカッコよく踊れる方法〜虎の巻〜

ポップやヒットが出来なくても大丈夫!簡単なステップだけでカッコよく踊れる方法〜虎の巻〜

ポップダンス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ポップ、ヒットは筋肉を弾くという動きの他に、単にステップを踏んだり回転するだけの動きがあるので、今回は筋肉を弾く前に簡単なステップだけをやりました!

【基本技】
★ウォークアウト
→①右足を左斜め前に出して、その出した足を右の反対側にアウトさせる。
②足のつま先が右を向いてるので、つま先と同じ方向に体を向ける。
③足が開いてるので右足に向かって足を揃えます!

★フレックス
→足を揃えて立ってる時に体重を乗せるところがポイント!①右に向く時は左足のつま先、左足のかかとに体重を乗せて、逆に体重が乗ってないところをスライドさせて右を向く。
②左を向く時は右を向いた時の逆の体重を乗せてあげたら左に向くことができます!

★ターン
→円を書くコンパスをイメージすると分かりやすいのでおススメです!
①右足、左足どちらかに体重を乗せます。
その乗せた足がコンパスの針の部分になります。
②右足に体重を乗せて逆足(左足)をえんぴつと考え、えんぴつ部分の左足を回転させていきます。
③回転する時は体を使って回転するのではなく、肘を使って回転します!
④回転する時は、肘→上半身→下半身の順番で回転しますので、全部いっぺんに回転しないように気を付けて回転しましょう!
⑤慣れてきたらコンパスの針にえんぴつ部分の足を引き寄せて回転もしてみましょう!慣れない場合は普通の回転から回ってみて、ターンの形になれていきましょう!

★ツイスト
→身体をツイストする、身体を雑巾と見立てて、その雑巾を絞るイメージで上半身と下半身を動かしていく!
足の動きは
①右足の膝を左に出す。右足を曲げて膝を出し、右足がつま先立ちをしているような感覚。
②体重は後ろの左足に全部乗っかり、右足には体重は全く乗せない事が大事!
③は①〜②をまんま反対の動きをする。
その時に上半身も下半身と一緒に動くとツイストにならないので、上半身はずっと前を向いた状態で、下半身だけを動かす事がポイントです!
ツイストの動きに慣れてきたら、ツイストの形を作りながら、方向転換してみたり(90度、180度)、前や後ろに進んでみてください!

★ボトムファースト
→先程のツイストとほぼ同じ動きです!
違いはボトム(下半身)がファースト(最初)なので、
最初に下半身が方向転換してから、後から上半身が下半身の向いてる方向へ動くこと!
あとの足の動き、膝を出す方向は全てツイストと同じになります!
ツイストは上半身と下半身が一緒に動くこと。
ボトムファーストは下半身が最初に動いて、後から上半身が付いてくるという違いです!

ポップとヒットもいつかは上達していってほしいと思っているので、そのコツや上達方法を紹介しました!

☆ポップ
→ボクシングで言うとジャブのイメージ!
自分の心の中に0〜100の力のメーターがあると想像して、そのメーターが一瞬で100になった瞬間に0に戻るイメージ。
最初は慣れるまで腕のヒットとポップを練習していきましょう!
練習方法は左右の腕をゆりかごのように振って、振った腕をグッと力を入れてピタッと止める練習です!
止まった瞬間に違う方の腕をまたゆりかごのように振って…を繰り返していきましょう!

そこで注意点なのが、筋肉の筋(実際には皮膚があって見れないです)が、ピーンと張った状態だとヒットとポップは打てないので、筋肉を緩ませて筋肉を弾く事がポイント!

☆ヒット
→ボクシングで言うとストレートパンチのイメージ!
自分の心の中に0〜100の力のメーターがあると想像して、そのメーターが一瞬で100になって、ゆっくり0に戻ってくるイメージ。
重いものを持つ時や力を入れる時に腕に浮き上がる筋肉がヒットとポップに必要な筋肉になります!
まずはグッと力を入れてみて、自分の筋肉がどこの位置に浮かび上がるか見てみましょう!
筋肉を発見できた後は、その場所を押さえて筋肉が動いている事を確認してみましょう!

ヒットの理想形は力をグッと入れた時に、自分の頬の肉がぶるんっと揺れるくらい思いっきり力を入れてあげると尚良しです!

練習方法としては見えない壁や、机、ドアをドンドンと叩くイメージで自分の入れた力を自分の力で止めてあげる事!

ただし力を入れ過ぎて筋や関節を痛めない程度に、無理のない程度に練習していきましょう!

以上です!
レッスン内でもお伝えしましたが、自分を追い込むくらい練習する必要は全くなくて、気が向いた時にステップを踏んだり、リズムをとったりするくらいが一番良いので、どれだけ短い時間でも継続出来るかがカギになってます!
このレッスンノートを書いたコーチ

ライブやテレビ、MVなど出演多数。生徒さん目線で、レッスンが楽しみに!

新着レッスンノート

★ロボット歩行 ロボットダンスはその場で踊れますが、歩行してロボットを表現する事も可能です! その歩行の方法も何種類かあるので紹介します。 ①ベタ足のまま歩行 ②頭の位置を変えず、膝を曲げて歩行 ③②番の逆で後ろへ歩行 ④身体と足の動作が同時に歩行 たくさん歩行の方法がありま...

★腕の「HIT」と「POP」について まず最初に自分がどこの筋肉を弾くことができるのかの位置を把握することが大事です! 今回紹介したのは主に使用するであろう筋肉の位置を紹介&確認しました! 【そもそも「HIT」と「POP」とは?】 ★ヒット →イメージするのはボクシングの【ストレ...

ヒット&ポップについて まず最初に自分がどこの筋肉を弾くことができるのかの位置を把握することが大事です! 今回紹介したのは主に使用するであろう筋肉の位置を紹介&確認しました! ★ヒット →イメージするのはボクシングの【ストレートパンチ】を筋肉に置き換えて打つことを覚えておいてく...

【ポップ&ヒット】 これは一日でうまくできるような技ではないので、ゆっくりと毎日少しでもいいので打つ練習をしてください!腕、胸、胃、脇、丹田、足と一個ずつ動く場所と、どうやったらより動くのか?どんな姿勢の時によく反応するのか?を見つけて、練習を重ねていってください! ☆ポップ☆ →ボ...

ポップ、ヒットは筋肉を弾くという動きの他に、単にステップを踏んだり回転するだけの動きがあるので、今回は筋肉を弾く前に簡単なステップだけをやりました! 【基本技】 ★ウォークアウト →①右足を左斜め前に出して、その出した足を右の反対側にアウトさせる。 ②足のつま先が右を向いてるので、...

レッスンノート ページ先頭へ

ポップダンス情報

サイタのポップダンス講師がブログを通して、ポップダンス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!