サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 圭子ピアノ教室 レッスンノート 「ひまわりの約束」の練習

「ひまわりの約束」の練習

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

子供の頃に少しピアノを習っていらっしゃったとのことで、楽譜の見かたや基本的なピアノの弾き方は身についていらっしゃいました。

<練習のポイント>
●指使いを見つけて書き込む
レッスンでもお話しましたが、人それぞれ手の形や弾きやすさは異なるので、いろいろ自分でも試してみて弾きやすい指使いを見つけてください。

●弾けないところを取り出して繰り返し練習する
つい最初から弾いてしまいがちですが、いつも止まってしまう箇所や間違えてしまう箇所をなるべく局所的に見つけ出し、そこだけを取り出して何度か繰り返して練習すると、効率よく弾けるようになると思います。やってみてください。

●一定のテンポで弾けるようにする
今はまだ大丈夫ですが、もう少し弾けるようになったら、ゆっくりでもいいので、一定のテンポで弾く練習もしましょう。弾きづらいところが遅くなってしまったり、長く伸ばす音符が短くなってしまうと、歌う人と合わなくなってしまうことがあります。あくまで「歌」の人と一緒に音楽を作る、というイメージを持って、楽しんで弾けることを目指しましょう。

●歌のパートをイメージする
今回挑戦される曲は歌の伴奏なので、ピアノを弾いているだけでは曲の完成形がイメージしづらいと思います。今はまだ練習を始めたばかりで弾くことでいっぱいいっぱいだと思いますが、少し弾けるようになって慣れてきたら、メロディも意識しながら練習すると音楽が体に入ってくるようになり、また歌う方も歌いやすい伴奏ができると思います。歌の音源を流しながら指の練習をするのもよいかもしれません。

楽譜は3ページあってボリュームが多いと感じるかもしれませんが、同じ音形のところも結構あります。もし次のレッスンもご一緒できたら、楽譜を分析して「こことここは同じ」という箇所や、「ここを少し変えるとここが弾けるようになる」という箇所をお伝えできるかなと思います。また、弾きづらいところの工夫も一緒に考えましょう。

久しぶりにピアノを弾いて、楽しかったとおっしゃっていたのが嬉しかったです。私も楽しくレッスンさせていただきました。
このレッスンノートを書いたコーチ

身体や指の使い方、鍵盤へのアプローチ、呼吸の工夫で豊かな表現を目指す!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

・以前レッスンを受けていたとのことで、今まで練習された曲や、これからやってみたい曲の楽譜を持ってきていただき、私からも候補曲(お勧めの曲)の楽譜を持っていきました。 ・お互いの楽譜を見てお話ししたり、実際に弾いてみていただいたりしながら、どのような傾向の曲がお好きなのか、どのくらいの難易...

子供の頃に少しピアノを習っていらっしゃったとのことで、楽譜の見かたや基本的なピアノの弾き方は身についていらっしゃいました。 <練習のポイント> ●指使いを見つけて書き込む レッスンでもお話しましたが、人それぞれ手の形や弾きやすさは異なるので、いろいろ自分でも試してみて弾きやすい指使い...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta