サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 大西ピアノ教室 レッスンノート ハノン、『樅の木(シベリウス)』

ハノン、『樅の木(シベリウス)』

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ハノンは一通り進めていただいていますので、まずは第1番をト長調で、その後に第38番を演奏していただきました。左手の下行で3や4の指が残ってしまい、音が響いてしまうことがありますので、指をはっきりと動かしてクリアな音を出せるようにしていきましょう。また、ト長調等へ移調して黒鍵を演奏する際、上部から見た指の形(アーチ)が崩れないように鍵盤の少し奥へ指を置くと、手の前後の動きがなくなりスムーズな演奏に繋がるかと思います。
『樅の木』は、冒頭部分の譜読みを進めています。基本の拍子はありますが、冒頭部分は拍を意識しすぎてしまうと流れが歪になってしまいやすいので、1音1音を大切にしながら、最終的にはご自身のテンポ感を確定させていきましょう!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

本日のレッスンもお疲れ様でした! 今回は、12月に行われる公開レッスンへ持っていく作品を選択するため、以前仕上げた『ピアノソナタ第20番 ト長調 op.49-2(ベートーヴェン)』を演奏していただきました。 第一楽章、第二楽章(再現部前まで)共に、久し振りに演奏したことによるミスタッチ...

本日のレッスンもお疲れ様でした! 前回のレッスンで決めた『樅の木(シベリウス)』について、まずは最初のフレーズを譜読みしています。冒頭部分は、1つ1つの音をしっかりと出しつつ、どのように進行していくかを確認しながら進めていきましょう。最初の主題部は、中音域がメロディーとなっているため、少...

本日のレッスンもお疲れ様でした! ハノン第4番は、リズムなしとリズムB、Cを演奏していただきました。リズムBとリズムCは若干似ていますので、どのように弾き分けられているかが大きな課題だと思っていましたが…リズムの違いをしっかり弾き分けられていて、且つスムーズに演奏されていましたね!ご自身...

本日のレッスンもお疲れ様でした! 最後までしっかりと流れができていましたね!左手の装飾音も入れ方も、現時点での弾き方を維持していきましょう。右手が細かく動くパート(1ページ目の最後から始まる箇所です)は、演奏する時に使用する指使いを確認していますので、同じ指で弾き進められるように片手で練...

前回伴奏を作った『ライオンのうた』のコード進行を再度確認しています。ライオンが歩く様子は、左手の低音で和音を作り、拍を刻むように演奏すると雰囲気が出せると思います。また、今回はCからDへの移調もしています。Dの時は「ファ」と「ド」に♯がつきますので、ここに気を付けて演奏していきましょう。他に、...

レッスンノート ページ先頭へ