サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 大西ピアノ教室 レッスンノート ハノン第2番、『教会の鐘(ギロック )』

ハノン第2番、『教会の鐘(ギロック )』

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ハノン第2番は、リズムなしとリズムB、Cを演奏しています。リズムBは、1小節目・2つ目と2小節目・1つ目の♩の長さ、1小節目のの速さに気を付けていくと、より均等な速さで演奏することができます。今回のレッスンでは「♩=108」で演奏していますので、音の長さと速さを意識しながら、メトロノームによく合わせて演奏してみてくださいね!リズムなしとリズムCは、拍によく乗って綺麗に演奏できています♪
『教会の鐘』は、最後までとても素敵に演奏できていいましたね!左手のメロディーが、右手の動きに埋もれてしまうことがありますので、メロディーラインを意識しつつ、右手のボリュームにも気を付けてみてくださいね。また、中間部ではスタッカートとアクセントが付く和音が移動しています。手を上からドスンと落とすと硬い音が出てしまいますので、ここは手首をしならせて瞬間的に力を入れ、ボールが弾むような奏法で進めていきましょう。曲の最後の盛り上がりについても、一番高い音に向かって大きくしていき、最後の低音(ドの音)は優しく、遠くに響くようなイメージを持って演奏していただくと、より綺麗に終わることができると思います。ペダルの踏み替えはハッキリと、素早く動けると良いですね!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

『おばけなんてないさ』は、レッスン内で数回演奏していただきましたが、全て完璧に演奏できていました!是非是非自信を持って演奏してくださいね♪ 『ヤッホッホ夏休み』は、サビに入る前(右ページ1段目の最後の小節)で、左8分音符がタイで繋がっている音の長さがやや長くなっています。感覚的に修正していた...

『おとなのハノン』を用いて、片手と両手で演奏しています。レッスン開始時は、身体全体に力が入っている状態でしたが、中盤からはうまく脱力して、スムーズな指の動きになってきましたね!どの作品においても、テンポがしっかりとしており、リズム練習の際も、両手での演奏で音がバラバラになってしまうこともなく、...

『宿屋』は、最後のテンポ感について一緒に検討しています。遅くすることについては、ここまでに演奏してきたテンポを基にして最終的なテンポを決めると、統一感が出て不自然さはなくなってくると思います。また、遅くした箇所の最後の音がペダルを切るタイミングと重なってしまい、響きが若干損なわれてしまうことが...

ツェルニーの第1番は、とてもしっかりと演奏できていました。2段ずつ、右と左がそれぞれ細かく動くようになっていますが、テンポを上げた時もしっかりとリズムに乗れていましたね!16分音符の動きに不安がある時は、符点や逆符点、スタッカート等のリズム練習をすると効果が出ますので、時間があったらお試しくだ...

『虫歯のこどもの誕生日』『とけいのうた』は、途中で止まってしまう時もありますが、手が次に弾かなければならない鍵盤の場所へ移動していますので、両手でどんどん合わせていくと、スムーズな演奏になっていくと思います。 『雨ふり』は全く危なげなく演奏できていますので、今の状態を維持していただければと思...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta