サイタ音楽教室ピアノ教室 愛知 ジャンル不問、こずえのピアノ教室 レッスンノート 自分の力で出来ることとは…

自分の力で出来ることとは…

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
前回、教えてあったはずなのにやってなかった所、今回は意識的に練習した様子が見られました。それでもまだ違う音を弾いていたので見直しにはなりましたが(^_^;)

和音は一度に読めるようになるまでは、下から一つずつ、丁寧に読んでいかなければなりません。そしてどの音に♯がついているのか、♯が置かれている線あるいは線と線の間をじっくり見て下さいね。そして指番号も下からきちんと当てはめましょう。
前回は言われたことがやれてない、と少し突き放しましたが、今回は見直ししてきた上でまだ違っていたので一緒に考えながら直しました。音符はすぐに読めるし、ソの♯と言ってもファの♯を弾いてしまったりする子もたくさんいる中、迷ったりすることもなくすぐに理解して反応してくれます。
であれば…『自分の力で出来るはずのことで先生にお世話されないようにしましょう。』私のこの言葉は納得して聞いてくれたように思います。
サザエさんの本は見つかって良かったですね。まだ見つからないと言われたら買い直して頂かないといけないのか、心配していました。
サザエさんはもう上手なのですが、『みんなが笑ってる~♪』の『笑ってる』が『わらーってる』みたいになって少しリズムが遅れるのです。『わらって』の語感のまま、『タタッタ』と弾けばいいよ、『タタータ』じゃなくて…という話をして、歌いながら弾くといいねとアドバイスしました。でも右手をそうすると『タッ』と一緒に左手の音も切れてしまって(笑)…お家で気をつけて練習できるといいな!
正しく練習してくる能力がある子なので、間違いを直すレッスンでなく、次の段階に進めるレッスンが出来るといいですね。テクニックの本も今回は音の読み違いでやり直しになったので、『出来る能力があることをお世話されない』を念頭に頑張ってほしいなと思っています!
このレッスンノートを書いたコーチ

3歳~60代まで指導!エレクトーンや合唱も教える面倒見のよいコーチ

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 聖者の行進は素晴らしく上達してました。テクニックの本は『そりすべり』らしく流れるように、手首を振らずに弾きましょう。『おもいで』は片手ずつ正しい音とリズムを確かめて練習しましょう。ワークブックは毎回宿題として進めている限り停滞することがないので、並行して演奏の方も進...

レッスンお疲れ様でした! 子供の本は譜面は十分理解できるようなので、片手ずつ、ゆっくり、部分的に、という練習方法で打率を上げていくのみですね。 10回のうち何回弾けるかとか3回連続でミスなく弾けるかとか、ゲーム感覚で楽しみながらチャレンジできるといいですね。 大人の本は、同じ曲を少し変え...

レッスンお疲れ様でした! 自分でやるべきことはやってあったので、手指の形やタッチにまで言及したレッスンができました。 5の指を弾くときに手が下がらないように、と注意すると肩が上がってしまうのですが、鍵盤の上で拳を握り、そっと緩めたときに指が鍵盤に触れている、その触れている面だけで弾くような...

レッスンお疲れ様でした! おもいで、ローレライ共によく進歩してましたね。 こぎつねは右手のメロディーはよく知っているので大丈夫だと思いますが、左手は繋ぎのメロディーの動き『ミドソミファ~』と『ミソドミソ~』を気をつけて弾き分けましょう。 漕げよマイケルはコードがFになる箇所をGと間違えや...

レッスンお疲れ様でした! 足音高く、元気よく弾んで弾けていましたね。考えて練習できていると思います。 ハ長調の音階を学ぶ段階まで来たので、ハニホヘトイロハを教えました。単純にハはド、ニはレ…日本語とイタリア語の違いだけです。 例えば主音がドならハ長調という考えです。主音とは音階の最初の音...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta