サイタ音楽教室ピアノ教室 静岡 MAIピアノ教室 レッスンノート 「ドレミの歌」の簡単伴奏にチャレンジ

「ドレミの歌」の簡単伴奏にチャレンジ

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回、お持ち頂いた楽譜の中から「ドレミの歌」の伴奏を選択し、主に譜読みを行いました。

まずは右手の譜読み。ト音記号はすらすらと読むことができましたね!苦手とおっしゃっていた左手も慣れてくるとスピードが上がってきました。運指は楽譜に載っている部分もありましたが、省略されている部分について確認も行いました。(特に書かれていないときは同じ形が前に出てきている事が多いです)

譜読みの後、片手ずつ短く区切って練習しました。
(間違えやすいところは印をしました)
その中で出てきたポイントは…

・手の形→指が伸びないように、猫の手のように丸く、卵を握っているようなイメージで。

・手首の脱力と動き→手首が力みがちなので気を付けましょう。自然に回すと弾きやすいです。メロディーが上昇形の時、下降形の時で回す方向が異なります。

・「同じ形」を見つけると上達しやすいです。前半は2パターンの繰り返しでしたね。右のページの分散和音も4小節ごと指使いが同じで和音の形も似ています。「さっきと同じだ」と分かると弾き易くなります(^_^)

・初めは一つ一つの音をはっきりと弾いて練習しましょう。その時指がバタバタと動かないようにしましょう。

・後半の分散和音の部分は、和音で同時に弾く練習をするとパッと手が和音の形に開けるようになります。

最後に少しだけ両手で合わせて弾いてみました。両手で弾くと片手では弾けていた部分が弾けなくなる…ということが起きますね。上記のポイントを参考に、まずは右手だけ左手だけでよーく練習を行ってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

音楽教育を学び、教員免許も取得。柔軟な対応で貴方の望みをすぐに叶えます

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

■校歌の伴奏 軽微なミスがあり止まらなくても弾ききれそうでしたが、弾き直してしまいました。立ち直れそうなときは何とか演奏を止めずに弾いてみましょう。 ■ピアノのテクニック [6番] 変奏C…アクセントがしっかりと強く弾けました。反対の付点練習も行いました。 変奏D…手首に力が入っ...

■ピアノのテクニック(6) テーマ…ひとつひとつの音をはっきりと弾くことができました 変奏C…譜面通りの付点パターンでははっきりと強弱をつけて弾くことができていましたが、逆の付点パターンにすると強い部分で強さがあまり出せませんでした。右手と左手がばらつく部分もあったので、逆の付点はよく練習...

■校歌の伴奏 所々でミスがありました。ゆっくりと強く弾く練習を行いました。 ■ピアノのテクニック(6) テーマ…手(指)の形が以前より丸く保たれていて良かったです 変奏A…1段目の最後の小節の2分音符の長さが少し短かったので注意しましょう 変奏B…スタッカートとスラーをしっかりと...

■校歌の伴奏 今回も本番を想定して緊張感を持って演奏に臨みました。 しかし1回目はイントロを間違えて弾き直しがありました。その後、歌が始まって2小節目の左手の進行を間違えてしまいました。ルート音がファ→ミになるのか、ファ→ドになるのかをしっかりと記憶しておきましょう。また分散和音を一緒に弾...

■校歌の伴奏 ある程度弾けるようになってからは校歌の伴奏は本番を想定して、予備練習ウォーミングアップ無しで一番最初に弾いています。いわば一発勝負なので最初の1回でベストの演奏をすることが目標です。今回はイントロで弾き直しがありました。前回も実はイントロで間違えて弾き直してしまいました。弾き直...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta