サイタ音楽教室ピアノ教室 愛知 ジャンル不問、こずえのピアノ教室 レッスンノート 『人前で聴かせられる演奏』を目指して…

『人前で聴かせられる演奏』を目指して…

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
初見もすらすら出来て素晴らしかったですよ。ただ3拍子の曲が、パッと弾くと4拍子になってしまうので、最初に拍子記号を確認してカウントを感じながら弾くようにしましょう。ジングルベルも聖者の行進も、音感リズム感の良さが演奏によく表れていますが、ポイントになる箇所で失敗してしまうことが多いので、新しい本もそうなのですが、出来ることだけを楽しむのでなく、克服する喜びを求めて練習してほしいですね。
聖者の行進はリズムが難しいので、左手だけを練習する時に拍子をよく数えながら取り組んで下さいね。
レッスンの場で何回も弾いてできたら合格、とやっていると新しいことを教える時間がなくなってしまうので、何度弾いてもできるというレベルまで練習してくれるといいですね。
サザエさんは楽しんでチャレンジ出来ていたことはとても良かったです。楽しんで弾く曲であっても、地道に指番号を確認したりもしないと完璧に弾き通すことはできないので、人前で聴かせられる演奏を目指して頑張って下さいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

3歳~60代まで指導!エレクトーンや合唱も教える面倒見のよいコーチ

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 『こどものくに』がとても上達していましたね。意識の高い練習をできるようになってきたと思います。 リズム譜を読むのは得意なのですが、最初に『こぶたぬきつねこ』を弾いたら、次の曲でもハネるリズムを引きずってしまって単純なタンタタ~のリズムがわからなくなってしまいました...

レッスンお疲れ様でした! どの曲もよく練習してあり一発合格でした! 合格した曲でも、左右の強さのバランス等アドバイスしたものはあります。左手の和音は一度に3つの音を弾くので、フォルテと書いてあっても右手のメロディーより控えめに弾きます。自分の耳をよく使って確かめながら弾くことが大切です。耳...

レッスンお疲れ様でした! 10人のインディアンでは右手のポジション移動、指かえを意識しつつ左手がつられないように気をつけましょう。 腕や手首の力を抜いて力強く音を出すために高い位置から腕を落とすこと、速い所はそれが難しいので手首を少し使って弾力のあるいい音を出しましょう。ピアノはこういう技...

レッスンお疲れ様でした! メリーさんの羊、一拍半のリズムよく取れてましたね。最後の部分の左手が弾きにくいのでよく練習して下さいね。 残酷な~はだいぶ出来上がって来ましたね。サビは力強くリズムに乗って弾きましょう。そしてその後に少し落ち着いた部分が来ても、テンポは落とさないように気をつけて下...

レッスンお疲れ様でした! 最近ようやく、良いレッスンとは何かをわかってきてくれたように思います。練習をして自分のやるべきことをやっていけば、より高い所へ行けるということを…。 今日はよく練習が出来ていたので、音読みではなく、間違いの指摘でもなく、テクニックや表現の話まで発展できたのです。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta