サイタ音楽教室ピアノ教室 大阪 リリーピアノ教室 レッスンノート コードネーム・コードの弾き方

コードネーム・コードの弾き方

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、まずプリントでコードについて説明しました。

コードには、基本形、第1転回形、第2転回形、第3転回形があり、転回形を使い分けて、演奏します。

プリントでやったコードを使って、1曲目は『ハッピーバースデー』を弾きました。

1番は、【左手】付点二分音符で伸ばして、2番は四分音符で。

右手でメロディを弾き、左手はコードで、しっかり演奏できていました!

2曲目は『チェリー』を弾きました。
コードの確認の後、右手でメロディ、左手でコードを弾き、一通り最後まで弾きました。
続きは次回のレッスンで一緒にやりましょう!


最後にポイントを簡単にまとめておきますね。

★伴奏について
原曲を聞いて、どんな伴奏にするかを自分で考えます。
特徴的なリズムの所があれば、そのリズムを真似してみてください。

これからどんどんコードが増えていきますので、お渡ししたプリントを見て

m(マイナー)
7(セブン)
△7(メジャーセブン)の違いを復習しておいてください。

違いを覚えておいたら、早く進めます!
このレッスンノートを書いたコーチ

6~60歳までを指導!楽譜を読めない初心者も体で覚える楽しいレッスン

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

前回の復習と、転調までをやりました。 曲をよく聞いて、メロディを覚えましょう。 左手はコードをみながら練習してくださいね(^^)

◎美女と野獣 楽譜を見て、ポジションを確認しながら練習しましょう。 ペダルは濁らないように、自分の弾いている音をよく聞いてくださいね。 余裕があれば、強弱もつけてみて下さい。 ◎愛してた イントロの片手ずつリズム・音を確認しながら練習して、できたら両手で練習して下さい。 先に進...

◎楽譜、鍵盤のポジション ◎指番号(両手親指が1番) ◎簡単な曲集 ピアノを弾くときは、手首を固定して、無駄な動きをしないようにしましょう。 また、音を短く切ってしまわないように、自分の弾いている音をよく聞いて、ゆっくり練習しましょう(^^)

◎楽譜、鍵盤のポジション確認 ◎指番号 (両手親指から1番です) ◎簡単な曲集 指の形も綺麗で、最後までスラスラ弾けていました。 ◎コードのプリント コードの基本的なこと、C.G.Fのコードをやりました。 ◎聖者の行進 コードをみながら弾きました。 左手はコードで、...

今日は前回の復習と、最初から間奏までの右手をやりました。 右手のメロディを止まらずにスラスラ弾けるように練習しましょう! 左手はコードを見ながら練習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta