サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 大西ピアノ教室 レッスンノート 手まわしオルガン、ソナタ(モーツァルト、K545)

手まわしオルガン、ソナタ(モーツァルト、K545)

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

『手まわしオルガン』は、全体的にスムーズに演奏できています。今日は①アクセントの出し方(アクセントの付いている音を、音符の長さ分しっかりと伸ばす)、②中間部(2ページ目で右手のメロディーが少し変わる所)2音目の8分音符にスタッカートをつけないように指使いを変えること、③最後のrall.の部分を焦って弾かないこと(指使いも少し変えること)の3点についてお話しましたので、この点に気を付けてもう一度両手で練習を進めてみてください。
『ソナタ(モーツァルト、K545)』では、①トリルの演奏法、②一部の音にスタッカートを付けないこと、③左手16部の練習方法(リズムを付けて練習する)、④左右で16分音符で掛け合いをする箇所の左手の音を残さないようにすることの4点をお伝えしております。主題部はスムーズに演奏できているので、次回は展開部を聴かせていただければと思います。
今日は上記2曲についてレッスンしておりますが、レッスン後のお話で『ソナタ(モーツァルト、K545)』の第2楽章のレッスンもできればと思います。第2楽章は一度ご自身で練習されているとのことでしたので、こちらは最後まで聴かせていただければと思っております。

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

『七夕さま』は、前回同様にしっかりと演奏できています。レッスンの時のようにゆったりと演奏できると良いですね♪ 『おばけなんてないさ』は、同じ音を連打する所で力が入りやすくなっています。練習で気持ちが焦ってくると更に力が入ってしまいますので、うまく演奏できない時はゆっくりしたテンポで確認してみ...

『七夕さま』は、前回と変わらずしっかり演奏できています。練習中に戸惑うことがあるとのことですが、ゆっくり落ち着いて演奏すれば大丈夫ですよ!もし分からなくなってしまったら、ペダルを外してゆっくりとしたテンポで演奏してみてくださいね。 『おばけなんてないさ』も、全体的にしっかり演奏できています。...

『MISTY』は、メロディーパート以外で作ったアドリブのコードを当てています。思い付いて作ったメロディーも、コードを当てるとなると難しいですね…コード演奏の基礎にも役立ちますので、機会を作ってまた作ってみましょう♪ コードハノンは、exercise23を弾いています。コツを掴むとスムーズに弾...

『七夕さま』は、前回少し不安そうに演奏されていましたが、すっかり元通りになって安定していました。ペダルもしっかり入っていますので、この状態を維持していきましょう! 『ヤッホッホ夏休み』は、歌の部分の両手演奏まで進めています。ご自身で先に練習されていたので、スムーズにレッスンへ入ることができま...

『七夕さま』は、少し練習期間が空いてしまったので止まってしまう場面がありましたが、普段演奏するよりゆっくりなテンポで、ペダルを外して演奏すると、感覚が戻ってきましたね!一度しっかり仕上げられている作品なので、本日のレッスンで演奏した「ゆっくりとしたテンポ」で「ペダルを外す」練習を続けていきまし...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta