サイタ音楽教室ピアノ教室 愛知 ジャンル不問、こずえのピアノ教室 レッスンノート 拍子を取るということは…

拍子を取るということは…

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!体験レッスンで教えたことがよく反映された上達ぶりでした!
四分の四拍子とは、一小節に四分音符が4つあるという意味。言い換えれば、四分音符は一小節を4つに分ける。そして八分音符は一小節を8つに分ける。名前の通りですね!
音符の長さで言えば八分音符は四分音符の半分の長さということになりますよね。
簡単な『ぴあのどりーむ』の楽譜でも、簡単な楽譜だからこそ、そのことを意識して拍子を取って弾いて下さい。まだ八分音符は出てきませんが、拍子をしっかり、休符も音符と同じ長さの間隔をちゃんと数えて。
バイエルは、メトロノームを使って。四分音符でメトロノームを鳴らすなら68ぐらいのテンポ、八分音符で鳴らすなら、その倍の数字になりますね。ついていけなかったら遅くしてもいいので、四分音符で鳴らすのか八分音符で鳴らすのかをしっかり意識しましょう。できれば四分音符でリズムが取れるといいのですが、難しかったら左手の音と同じタイミングで音が鳴る『八分音符で鳴らす』で練習しましょう。右手のリズムもその方が取りやすかったですよね!最後の部分がどんなタイミングになるのか、気をつけて下さいね!
リズムの話以外では左手を和音で捉えること。和音の知識を持って理解すると楽譜の読み取りも曲の覚えも早くなります!少しずつそういう力もつけたいですね。
メリーさんの羊は、無理なく弾けるレパートリーとして楽しめればと思います。
頑張って下さい!
このレッスンノートを書いたコーチ

3歳~60代まで指導!エレクトーンや合唱も教える面倒見のよいコーチ

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 忙しくてなかなか練習がままならないようですが、気にせず練習するつもりで来て下さいね。 お話したように、忘れてしまう前にまたレッスンに来て、3歩前進する。復習できなくて1週間で2歩後退してもレッスンに来てまた3歩前進する。少なくとも忘れた分の2歩は取り戻す。そうして...

レッスンお疲れ様でした!今日もよく進歩していたと思います。 左手がドシラソ、という位置になる形を卒業して、両手ともドレミファソの位置で弾くという段階に入りましたね。 そちらの方がわかりやすいよね~と思われるかもしれませんが、左右の手で単旋律のみを弾く段階から、両手で弾く段階に進んだというこ...

レッスンお疲れ様でした! 前回叱られたから今回はカバンから本を出して揃えて持ってくるときに慎重にしていました(笑) 初見も落ち着いて丁寧に出来、練習もきちんとしてあり一発合格もあり、『森の貨物列車』も譜読みはよくやれていたのでたくさん誉めてあげられました。 次は指摘されたことを思い出して...

レッスンお疲れ様でした! お忙しくてなかなか思うように練習ができないと思いますが、であればこそレッスンに通ってその時間に集中して練習できればそれでいいですからね(^_^) 音階の指番号を教えましたが、できたら家で思い出してみて下さい。ドレミファソラシドはミまで行ったら3の指の下を1の指がく...

レッスンお疲れ様でした! 今日はよく集中した練習をしてきてありました。喜びの歌は安定感バッチリ、サザエさんは細かいところによく注意し、サーカスがやってきたは言われたことを意識した練習が出来ていました。こぶたぬきつねこもです。 曰わく『月火水は時間がなかったから木曜日に集中して練習した』そう...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta