サイタ音楽教室ピアノ教室 愛知 ジャンル不問、こずえのピアノ教室 レッスンノート 拍子を取るということは…

拍子を取るということは…

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!体験レッスンで教えたことがよく反映された上達ぶりでした!
四分の四拍子とは、一小節に四分音符が4つあるという意味。言い換えれば、四分音符は一小節を4つに分ける。そして八分音符は一小節を8つに分ける。名前の通りですね!
音符の長さで言えば八分音符は四分音符の半分の長さということになりますよね。
簡単な『ぴあのどりーむ』の楽譜でも、簡単な楽譜だからこそ、そのことを意識して拍子を取って弾いて下さい。まだ八分音符は出てきませんが、拍子をしっかり、休符も音符と同じ長さの間隔をちゃんと数えて。
バイエルは、メトロノームを使って。四分音符でメトロノームを鳴らすなら68ぐらいのテンポ、八分音符で鳴らすなら、その倍の数字になりますね。ついていけなかったら遅くしてもいいので、四分音符で鳴らすのか八分音符で鳴らすのかをしっかり意識しましょう。できれば四分音符でリズムが取れるといいのですが、難しかったら左手の音と同じタイミングで音が鳴る『八分音符で鳴らす』で練習しましょう。右手のリズムもその方が取りやすかったですよね!最後の部分がどんなタイミングになるのか、気をつけて下さいね!
リズムの話以外では左手を和音で捉えること。和音の知識を持って理解すると楽譜の読み取りも曲の覚えも早くなります!少しずつそういう力もつけたいですね。
メリーさんの羊は、無理なく弾けるレパートリーとして楽しめればと思います。
頑張って下さい!
このレッスンノートを書いたコーチ

3歳~60代まで指導!エレクトーンや合唱も教える面倒見のよいコーチ

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 初見もすらすら出来て素晴らしかったですよ。ただ3拍子の曲が、パッと弾くと4拍子になってしまうので、最初に拍子記号を確認してカウントを感じながら弾くようにしましょう。ジングルベルも聖者の行進も、音感リズム感の良さが演奏によく表れていますが、ポイントになる箇所で失敗して...

レッスンお疲れ様でした! 音符の読みが早くて大変優秀です! 子供の本、ヘ音記号のドシラソではラとソあたりが区別しづらいようなので、練習の時にはよく気をつけて間違えて練習してしまわないようにして下さいね。 音名と指番号を一致させることも大切です。大人の本は左右の指をよく揃えて動かすように心...

レッスンお疲れ様でした! よく進歩していたと思います。音読み、リズム読み、その他も話したこと全てよく理解できています。 指番号を頼りに弾いてしまうと音を間違えることもあるので、あくまでも音名で把握して歌えるかどうかを確認しながら練習してみて下さいね。 『かわいいあの娘』は和音で弾いておさ...

レッスンお疲れ様でした! 色々な場面で何回も自分で『落ち着いて』と言ってました(笑) 言ってもあまり変わらないのですが(笑)自分で心がけようとしているだけでも進歩ですよ(^_^) 初見の練習は素晴らしかったです。かなり速いテンポで弾き始めたので内心『落ち着いて…』と思っていたのですが、そ...

レッスンお疲れ様でした! 大人になってから始める方も多くいらっしゃいますが、そうとは思えないぐらい指もなめらかに動いて、譜読みも早くて優秀でしたよ! 子供の本では左右の親指を同じ場所、真ん中のドに置いて左右対照に広げていくやり方で、右手がドレミファなら左手はドシラソ、ですね。 指番号は左...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta