サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 ピアノ教室Pianism レッスンノート 今回のレッスン

今回のレッスン

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・『What a Fool Believes』の展開を使ったフレーズ作り

 この曲に関しては、曲の持つ独特なリズムをうまく取り込みながらフレーズを作るのが、
 作りやすさのポイントです。
 休符を多用したフレーズ作り、という点ではいいところに目をつけてました。
 この曲では2小節ごとに数えた時に、2小節目に頭が、リズム的に空白になります。
 ここにうまく休符を持ってくると、かなり溶け込んだフレーズ作りが出来ます。
 また、最初の8小節分くらいはもっと音数を少なく、フレーズも短めで空白を多くとっても
 よいかもしれません。
 次の8小節で少し長めのフレーズにしたり、音数も増やしたり、と言う風にすることで
 16小節をうまく埋めて行くことが出来るかな、と考えてます。

 音の長さを使うような大きなフレーズは、その先のBメロ部まで待ってても大丈夫です。
 むしろ、リズムのあるうちはあまり長音を使うようなフレーズにしない方が、齟齬がなく聞こえます。

 また、基本的に「シンセソロ」のフレーズを作る、ということなので、
 あまり対旋律を組むようなことは考えない方が得策だと思われます。
 あくまでフレーズを作る、そのハモリを一緒に動かす、和音の動きでフレーズを作る、
 という方が「ソロ的フレーズ」は作りやすいです。
 片手で弾く中で対旋律を組んでしまうと、それぞれが単音の動きをしてしまうことで、
 実際のフレーズがどれなのかを判別しにくくなったり、響きを弱くしてしまうことになります。
 時として対旋律を使うのも面白いことですが、今はできるだけ避ける方向で考える方がよいかな、
 と思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

・ツェルニー30の練習曲 「9番」  音もしっかり読めているので、あとは速くして行くのみです。  おそらく左手の速い動きがなかなか大変だと思うので、  練習前に「ドレミファソファミレ/ドレミファソファミレ」と  5指を行ったり来たりして次第に速く動かして行く、  という練習をしてみま...

・ツェルニー30の練習曲 「9番」  音はしっかりつかめるようになりました。  前半はテンポを上げて行かれるように練習しましょう。  後半は、さらに音に慣れるように弾きましょう。 ・チャイコフスキー  「辻音楽師」△  ほぼ○です。気持ちを焦らせることなく、優雅で楽しい雰囲気で...

・ツェルニー30の練習曲   「8番」○きれいに弾けました。  「9番」  左手のヘ長調のスケールで「ファ」から始まるスケール、「ド」から始まるスケールで、  ほぼ出来てます。練習前に軽く、スケールを弾いてみてから取りかかると弾きやすいかもしれないですね。 ・チャイコフスキー...

新曲のコードづけ、および全体の構成の考察。 いつものように、コード展開は一例であるので、 実際に歌と合わせて行く中で、違うな、と思うことがあれば またあらためて考えましょう。 サビ部分の後半のメロディは、今回の展開に合わせて調整をしてみてください。

・ツェルニー30の練習曲  「8番」  動きもテンポもほぼOKです。  あとは全体の強弱を構築してみましょう。  「9番」  左手の「ヘ長調」のスケールを行ったり来たりできるように、  慣らしてみましょう。  左右別々に読んで、それぞれの音をうまくつかめてから、  両手を合...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta