音楽教室ピアノ教室レッスンノート フレーズのつながりと両手

フレーズのつながりと両手

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

・リズム練習
・カノン:3段目、右手の2拍目が毎回リズムを間違えてしまっていたので気をつけましょう。練習の仕方は、しっかりと理解されていますから、その調子で続けて下さい。
左手と右手の間をキョロキョロと見るのではなく、左手は、バスの進行をしっかり覚えてしまいましょう。
ゆっくり練習するときに、次のフレーズを前もってイメージ出来たら弾くように、そしてその時に、右手のどの音と一緒にバスを弾くのかを、しっかり確認して確実に合わせていきましょう。
小さな音型を繋げてフレーズを作って行くときには、鍵盤を押さえる上下の動きではなくて、自分が実際に歌うのだったらどう歌うか...考えるといいと思います。

・バッハも同じようにフレーズをどう歌って、それぞれを繋げていくのかを続けて練習してみて下さい。
全体をまとめて行くにあたって、1・2・4段目と3段目がとても対照的な動きをしていることに注目してみて下さい。

・連弾による初見演奏
このレッスンノートを書いたコーチ

武蔵野音大院にて教育法も研究。本場オーストリア仕込みの、確かな技術力

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta