サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート 3月18日の振り返り

3月18日の振り返り

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・オクターブの練習 バーナムより。
・短調の音階とカデンツ
・マズルカ呈示部
以上を取り上げました。

レッスン全体を通して、鍵盤への定着具合、指づかいの機敏さや即応性、練習曲であっても芯のある音色、これらにおいてこれまでの訓練の成果が出ているように感じました。

長調と短調の関係性(長調の主音から3度下が、短調の主音となる)や、短調の音階の種類と、その違いを今回から取り上げましたが、短調の音階に関しては、他の調でもどんどん進めていくことで、慣れていけることと思います。
これらは、弾く回数を多くすることで、より上達していくでしょう。

少し間が空いてしまってのマズルカでしたが、和音をとりながらメロディーラインを繋げる指づかいに関しては、様々な選択肢をあげた個所もありました。
以前よりも、その場で消化しながら鍵盤に向かう感じが見え、御自身の身体に入るのも早くなられたように思います。
また、曲に慣れてきたこともあってか、指が次の和音を掴めていなくとも、次の和音はしっかりと感じ取れていることは大きな前進かと思います。
次の段階としてほ、これを如何に早く自分の脳と指に覚えこませ、曲として成り立たせるか、という点に至ってくると思いますので、そこも含めて次回レッスンにあたりたいと思います。

三拍子のマズルカという舞曲のリズム感は、以前よりも緩急がつくようになり、抜く個所も出てきて良いと思います!
この曲で、マズルカのリズムを自分の中の引き出しとして備えられるよう、楽譜と音楽に向き合いながら弾いてみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

4日のレッスンをもって、サイタでのレッスンはおしまいですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 先日のレッスンでは、右手を最後までさらっていき、大枠を見ることができたと思います。 左手にくる伴奏形は、箇所によって形をかえてくるため、それぞれのリズム感や、うねりのようなものを感じとれるとお...

先日は、お母さまともお会いできうれしかったです。 また、今後のこともお話させていただき、ありがとうございました。 ぜひ今後ともよろしくお願い致します^_^ 明日まではこちらのレッスン扱いとなり、その後のレッスンに関しては、また日程など一緒に調整させてください^_^ まちがいさが...

バーナムでは2週にわたって、和音の連打の練習を致しました。 まず、和音進行の予測や、指遣いの法則をつかんでしまうことが大切です。 そういった点で、細かい音価に戻したときにも、それらの基盤が上手く作用したように感じました。 楽譜に対した時に、はじめの一音から弾くのではなく、全体を見通した上...

レッスンノート、お待たせ致しました。 前回のレッスンでは、曲のサビ前あたりまで和音も入れながら進めていきましたね。 ちょうどサビの前あたりは音数も多いですが、繰り返しの和音でもあるので、弾いていく間に少しずつ慣れていく感じもありました。 また、この部分においては、ビート感も始めと...

曲を弾いていくにあたり、楽譜から読みとる大切なことをレッスンしていますが、特にフレーズの長さ、その作り方をすこし細かくお話しています。 よく使われるので、今一度この言葉の意味を載せておきますね。 【phrase(英・仏)】 ・フレーズとは、文章の句読点に相当する段落感で、自然に区...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta