サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート 『手紙』の仕上げと連弾4番仕上げ

『手紙』の仕上げと連弾4番仕上げ

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ゆびのたいそうはヘ音記号をよく読めるようになり、両手で弾くのもすんなりとこなせるようになりました!

『ゆびのたいそう』の楽譜の目的と先の課題については、21日のレッスンでもお話をしましたが、とても良く音符を読めるようになっているので先のレベルに進めていきましょう^ ^
連弾4番は、ある程度の良いところまで仕上がりましたが、楽譜に書いてあるリズムを正確に弾くことに関して、もう少し上手にできそうな予感もあります^o^
これはこの先に積み上げていく課題の一つにもなりそうなので、今後に期待していきたいと思います♪

『手紙』に関しては、よく弾きこみも出来てきて、良い仕上がりまでもっていくことができたと、嬉しく思います!!
今回はお父様もご一緒でしたので、通して弾いたのち、歌をお父様に入れて頂き、途中のハンドクラップの部分は弟さんや私で手拍子を入れ、原曲により近いアンサンブルを行いました。
緩急、リズミカルさ、なめらかさ、など様々な表現もうまくなり、彩色豊かな曲に仕上げることができたのではないでしょうか。
テクニック的に難しいところも、よく頑張って克服してこれましたね^ ^
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

4日のレッスンをもって、サイタでのレッスンはおしまいですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。 先日のレッスンでは、右手を最後までさらっていき、大枠を見ることができたと思います。 左手にくる伴奏形は、箇所によって形をかえてくるため、それぞれのリズム感や、うねりのようなものを感じとれるとお...

先日は、お母さまともお会いできうれしかったです。 また、今後のこともお話させていただき、ありがとうございました。 ぜひ今後ともよろしくお願い致します^_^ 明日まではこちらのレッスン扱いとなり、その後のレッスンに関しては、また日程など一緒に調整させてください^_^ まちがいさが...

バーナムでは2週にわたって、和音の連打の練習を致しました。 まず、和音進行の予測や、指遣いの法則をつかんでしまうことが大切です。 そういった点で、細かい音価に戻したときにも、それらの基盤が上手く作用したように感じました。 楽譜に対した時に、はじめの一音から弾くのではなく、全体を見通した上...

レッスンノート、お待たせ致しました。 前回のレッスンでは、曲のサビ前あたりまで和音も入れながら進めていきましたね。 ちょうどサビの前あたりは音数も多いですが、繰り返しの和音でもあるので、弾いていく間に少しずつ慣れていく感じもありました。 また、この部分においては、ビート感も始めと...

曲を弾いていくにあたり、楽譜から読みとる大切なことをレッスンしていますが、特にフレーズの長さ、その作り方をすこし細かくお話しています。 よく使われるので、今一度この言葉の意味を載せておきますね。 【phrase(英・仏)】 ・フレーズとは、文章の句読点に相当する段落感で、自然に区...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta