サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート お二人、レッスンがんばりましたね^...

お二人、レッスンがんばりましたね^...

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お二人、レッスンがんばりましたね^ ^

芙優ちゃん♪
ソナチネはしっかりと暗譜もでき、曲想を上手く表現した良い仕上がりだったと思います!よく出来ましたね^ ^
テクニック的に難しい部分も多い曲でしたが、今回出来るようになった弾き方も多かったかと思います。バーナムで練習したような16分音符の細かいパッセージは、だいぶ慣れて良くなったポイントの一つです
曲の締めくくり方、演奏の魅せ方等、より新しい点にもレッスンができたことは大きな成長だと感じました!
今回少しふれたアナ雪は、楽譜を読むのは少し根気の要る作業かと思いますが、普段聴いている歌を思い浮かべながら、ゆっくりメロディーを追ってみてください(ง •̀_•́)ง大きな力になると思います!次回は一緒にやってみましょう^ ^



たかひとくん♪
今までに自分で弾いていたとうかがった通り、すでに多少音符に慣れていることや、ピアノの鍵盤にも抵抗なく弾くことができているので、早速両手の練習も含む教材を使っていきたいと思います。
今回の宿題ではド・レ・ミの3つの音に絞った右手の課題なので、物足りないかもしれません…。レッスンでやった両手の課題も、レッスンで上手に弾けたのでお家でも何度か弾いてみてください♪
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

sing〜は、ジャズならではおもしろさ、表現に+αの自由さ、音楽性を問われる間の取り方、たくさんの要素を身につけられたと思います! この一曲の中で、様々な『変化』を感じ、またその表現をこれまで以上にうまく弾いていましたね! 新たな引き出しが増えたかもしれないですね^_^ 私も楽しく聴かせ...

・シング〜 曲の形が出来上がってきて良いですね! リズムのとり方にだいぶメリハリが出てきたので、それが全体に行き渡るとカッコ良い仕上がりになるでしょう^_^ 出だしの雰囲気は良いので、前奏を始める前からの頭の中でのカウントを大切に! 指づかいが、上手か下手かの決め手になってしまうポ...

今回は、ウィリアム.L.ギロック作曲の小組曲を取り上げました。 よく名前を聞くギロックですが、 1917年生まれアメリカ人で音楽教育分野の作曲では第一人者といわれています。現在でもギロックの曲は発表会でもレッスンでも多く取り上げられますが、メロディーの美しさなども特徴の一つです。 第...

バーナムの課題、2つとも勉強がされていてよかったと思います! 音階の練習では、 ・音階が続いていく間の指変えのテクニックに気をつけておく。 ・始まりの両手が、ト音記号、ヘ音記号の始まりなのかを事前によく確認して頭にいれておくと良い。 ・指がしっかりとしたタッチで鍵盤を押すことができるよ...

学校でシングシングシングのピアノを弾くとうかがいました^_^ 今回使っている楽譜では、左手の四分音符は曲の要となるベースの音です。 これらの音がぶれたり間違えてしまうと、曲が上手く成り立たないので、この左手だけを、最初から最後まで、メトロノームに合わせて間違えずに弾く練習をすると、大変効果...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta