サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート レッスンお疲れ様でした^ ^...

レッスンお疲れ様でした^ ^...

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした^ ^

前回の初見の続きで、今回はヘ音記号、臨時記号を含むものでした。ポイントとなったことのおさらいと詳細です。

普段どうしても正確さを求めてしまう習慣に対し、ここでは

・流れを止めない
・弾き逃しても先に行く
・指遣いに不具合があった場合にも咄嗟の処置を施す

この3つが今回の大きなポイントになりました。

楽器を学ぶ上でレッスンでよく注意されることの一つですが、普段の練習の際、間違えた音やリズムを、弾く度にその場で弾き直して終わらしてしまう、という練習の繰り返しは、曲も上達しない上に、そこで間違える癖をつけるような練習をしてしまうことになる、と言われます。
なので、間違えた場合には、どうして間違えたのか、どうしたら次に間違えなく弾けるのかをしっかり踏まえた上でもう一度弾くことが上達への第一歩となります。

この“弾き直すこと”を習慣づけない、また習慣化してしまった感覚をリセットする、これに一役買うのが意図的に流れを止めない練習であり、“初見”という間違えるリスクの大きい方法をとることで、より向上するものと考えます。

最近のレッスンや演奏でも、以前に比べて弾き直す習慣が減り、ソナチネを弾いていても早いうちから曲の流れがみえてくるようになって、とても良い傾向と思います
これはこの2週程度の初見のレッスンの効果とは言えないですが、普段からの曲を止めない、という意識があっての向上と思います。

継続は力なり、とはこのことですね^_^
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

バーナムの課題より ・両手で6度の和音の音階練習→行きは比較的幅をうまく捉えて均等に弾けていたところがよかったです^_^ 下りは、最後の和音にかけて、左手小指が音が外れていく傾向があったので、おしまいの音までの集中力と、小指で下降系を進めるような推進力を積み重ねていくと、上手く弾けてく...

私のお気に入りの転調部分に関して♪ 一歩進んだ説明を少し^_^ 曲の全体はホ短調(独 e-moll)←ミから始まる音階で、ファに♯が付く短調。 これが転調しホ長調(独 E-dur)←ミから始まる音階で、ファドソレに♯が付く長調。 そしてホ短調(独 e-moll)に戻る。 ここ...

曲を弾く時の「先読み」について、レッスンでもお話しましたが、その先読みが出来るようになるための譜読みの仕方、当たりを付けるポイントについて記しておきたいと思います。 ・始まりやおしまいの音を見て、調性を判別させておく。←始めは面倒な作業ですが、判別が出来るようになるには、回数を積むことな...

sing〜は、ジャズならではおもしろさ、表現に+αの自由さ、音楽性を問われる間の取り方、たくさんの要素を身につけられたと思います! この一曲の中で、様々な『変化』を感じ、またその表現をこれまで以上にうまく弾いていましたね! 新たな引き出しが増えたかもしれないですね^_^ 私も楽しく聴かせ...

・シング〜 曲の形が出来上がってきて良いですね! リズムのとり方にだいぶメリハリが出てきたので、それが全体に行き渡るとカッコ良い仕上がりになるでしょう^_^ 出だしの雰囲気は良いので、前奏を始める前からの頭の中でのカウントを大切に! 指づかいが、上手か下手かの決め手になってしまうポ...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta