サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート レッスンお疲れ様でした^ ^...

レッスンお疲れ様でした^ ^...

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした^ ^

前回の初見の続きで、今回はヘ音記号、臨時記号を含むものでした。ポイントとなったことのおさらいと詳細です。

普段どうしても正確さを求めてしまう習慣に対し、ここでは

・流れを止めない
・弾き逃しても先に行く
・指遣いに不具合があった場合にも咄嗟の処置を施す

この3つが今回の大きなポイントになりました。

楽器を学ぶ上でレッスンでよく注意されることの一つですが、普段の練習の際、間違えた音やリズムを、弾く度にその場で弾き直して終わらしてしまう、という練習の繰り返しは、曲も上達しない上に、そこで間違える癖をつけるような練習をしてしまうことになる、と言われます。
なので、間違えた場合には、どうして間違えたのか、どうしたら次に間違えなく弾けるのかをしっかり踏まえた上でもう一度弾くことが上達への第一歩となります。

この“弾き直すこと”を習慣づけない、また習慣化してしまった感覚をリセットする、これに一役買うのが意図的に流れを止めない練習であり、“初見”という間違えるリスクの大きい方法をとることで、より向上するものと考えます。

最近のレッスンや演奏でも、以前に比べて弾き直す習慣が減り、ソナチネを弾いていても早いうちから曲の流れがみえてくるようになって、とても良い傾向と思います
これはこの2週程度の初見のレッスンの効果とは言えないですが、普段からの曲を止めない、という意識があっての向上と思います。

継続は力なり、とはこのことですね^_^
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

私のお気に入りを最後まで譜読みしましたね^_^ この曲では、途中の転調で♯の多い調性になっていますが、今回通して弾いた際にもうまく雰囲気を変えて弾きこなしていた部分が大きな進歩だと感じました。 終わりにかけては、つかみどころのないメロディーで譜読みしづらい箇所でしたが、最後までよく終えるこ...

シューマンの子供の情景、よく取り組んでいたと思います! テクニック的にも音楽的にも、聴いただけではわからない構造の緻密さと、それぞれの音に全て意味を持たせているのが、シューマンの曲の特徴です。 音楽を構成する3つの要素 メロディー リズム ハーモニー のお話を致しましたが、短時...

今回のバーナムで勉強した課題に和音の種類が4種類出てきました。 種類を知ることも一つですが、それぞれの和音の響きに耳を傾けることが大事です。 今回の課題からとれば、ソシレの和音を元にした説明と分散和音でしたが、同じソシレであっても♯や♭が付けられることにより、響きと与える印象が全く変わって...

今回から取り上げた曲は、 コルネリウス・グルリット作曲(1820生 ドイツ人のオルガニストであり作曲家) 24調の練習曲より es-moll『Finale』です。 以前にもグルリットの曲は取り上げたことはありましたが、今回の曲の特徴は、短めの曲でありながらも弾きごたえのする音形とテク...

イメージをしやすくする手がかりとして、ギャロップについて載せてみましたが、忠実でありながらも、ファンタジー溢れるギャロップに仕上がっていて、とてもうれしく、楽しく聴かせて頂きました! また、よくまとめられていたと思います。 細かいテクニカル部分の修正はいくつか行いましたが、1つの箇所を直す...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta