サイタ音楽教室ピアノ教室 東京 まつざきピアノ教室 レッスンノート レッスンお疲れ様でした^ ^...

レッスンお疲れ様でした^ ^...

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした^ ^

前回の初見の続きで、今回はヘ音記号、臨時記号を含むものでした。ポイントとなったことのおさらいと詳細です。

普段どうしても正確さを求めてしまう習慣に対し、ここでは

・流れを止めない
・弾き逃しても先に行く
・指遣いに不具合があった場合にも咄嗟の処置を施す

この3つが今回の大きなポイントになりました。

楽器を学ぶ上でレッスンでよく注意されることの一つですが、普段の練習の際、間違えた音やリズムを、弾く度にその場で弾き直して終わらしてしまう、という練習の繰り返しは、曲も上達しない上に、そこで間違える癖をつけるような練習をしてしまうことになる、と言われます。
なので、間違えた場合には、どうして間違えたのか、どうしたら次に間違えなく弾けるのかをしっかり踏まえた上でもう一度弾くことが上達への第一歩となります。

この“弾き直すこと”を習慣づけない、また習慣化してしまった感覚をリセットする、これに一役買うのが意図的に流れを止めない練習であり、“初見”という間違えるリスクの大きい方法をとることで、より向上するものと考えます。

最近のレッスンや演奏でも、以前に比べて弾き直す習慣が減り、ソナチネを弾いていても早いうちから曲の流れがみえてくるようになって、とても良い傾向と思います
これはこの2週程度の初見のレッスンの効果とは言えないですが、普段からの曲を止めない、という意識があっての向上と思います。

継続は力なり、とはこのことですね^_^
このレッスンノートを書いたコーチ

あの横浜みなとみらいホールに出演も。老若男女ピアノを楽しむお手伝い

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

学校でシングシングシングのピアノを弾くとうかがいました^_^ 今回使っている楽譜では、左手の四分音符は曲の要となるベースの音です。 これらの音がぶれたり間違えてしまうと、曲が上手く成り立たないので、この左手だけを、最初から最後まで、メトロノームに合わせて間違えずに弾く練習をすると、大変効果...

レッスンノート、大変お待たせ致しました(>_<) ・長いフレーズの繋げる奏法に関して 今回取り組んだ『虹の彼方に』のメロディーでは、二分音符で跳躍する音型が、出だしなど要所要所に現れるキーワードのような役割をしていました。 ピアノという楽器の特性上、鍵盤で音を弾いた後は、音が...

先日のレッスンでお話した『Sound of music』は、今回レッスンで取り上げた『私のお気に入り』『ドレミのうた』『すべての山に登れ』と言った耳馴染みのある曲がたくさん詰まったヨーロッパのミュージカル映画です。その後、ミュージカルとして公演が行われた世界的に有名な作品です。 2015年に...

・きらきら星 前回より、曲の進行に慣れたこともあってか良い雰囲気が保てていました!あと一歩のところでは、弾いている音の正確性が増していくと、もっと上手く仕上がると思います。大体の位置は捉えてきていたので、鍵盤一つの差に大きな音の差があることを意識しておくと、今後、より上手く仕上がるようになる...

・8分の7拍子・拍子のとり方 今回の曲で変拍子を勉強したところで、今一度解説しておきます。 分母にあたる部分が音価(4分音符♩8分音符♫など) 分子にあたる部分が1小節に入る音の数(音価は分母による) ですので、7/8拍子は8分音符が1小節に7つ入る拍子、となります。 常に、...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta