Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート レッスンお疲れさまでした!...

レッスンお疲れさまでした!...

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

今日は、久しぶりだったので、Photoshopの基本操作の復習とIllustratorの簡単な使い方をご紹介しました。

まず、Photoshopはデジカメで撮影したデータや市販のデータCD、もしくはスキャニングしたデータなどの部品データだと思っておいてください。

新規にファイルを作成することもありますが、デジカメデータなどは直接そのファイルを開いて作業します。

Photoshopは多くのファイル形式をサポートしているので、混乱してしまうかもしれませんが、よく使う形式は限られているので、必要なものだけを覚えておきましょう。
一番多く使われているのがJPEGです。
その他、PNGやPSDも使うことがあるので、特性を理解して使い分けてください。
JPEGはレイヤー機能も透明効果もサポートしていませんが、データの容量は一番小さくなります。
PNGはレイヤー機能はサポートしていませんが、透明効果はサポートしています。
背景を透明にする必要がある場合は、こちらを選択してください。
PSDは、Photoshopのネイティブ形式なので、すべての機能をサポートしていますが、データ容量は大きくなります。
今回最後に少し紹介したレイヤーマスクを用いた画像や、文字を入力した場合は、PSD形式での保存をオススメします。

Illustratorはそこで文字を入力したり簡単な図形を描いたり、写真データを配置したりします。
今回は、写真の配置の練習を行いました。
リンク有りの場合とリンク無しの場合の2パターンがあり、リンク有りの場合はIllustratorのデータ容量が軽くなり、後からPhotoshopで修正を加えた場合、更新がしやすいというメリットがあるかわりに、データの管理を正しくしないといけないというデメリット要素があります。
リンク無しの場合は、その逆でIllustratorのデータが重くなり、修正後も手で更新作業を行わなければなりませんが、Photoshopデータが必要ないので、データ管理が楽だというメリットがあります。
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!MacユーザーもOK

タグチ・Photoshopスクール
田口奈緒子 (Photoshop)

名古屋・栄・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・久屋大通・矢場町・丸の内・国際センター

レッスンノート ページ先頭へ