サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 フォトレタッチ講座 レッスンノート Photoshopレッスン第1回目(体験)

Photoshopレッスン第1回目(体験)

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「赤ちゃんのレタッチ」

・レベル補正
今日は暗い写真の中間トーンを明るくしたり
肌色を出すために中間トーンを暗くしたりするのに効果的とお話しましたが
基本全部レベル補正で済ませてしまう方もいます。
好みなのですがレベル補正でもトーンカーブでも
扱いやすい方を使っていただいても大丈夫です。

・トーンカーブ
よく言われる「S字」のカーブ。
コントラストがついて、何と言いますか、、、「男っぽい写真」に仕上がります。
その代わり白トビが強く出過ぎたり
黒が潰れすぎたりするので
お気をつけてくださいませ。

・カラーバランス
ほんの少しで色が変わるのでべんりです。
めちゃくちゃにならないように、見極めを頑張ってください。
「黄色っぽいな・・・」って思ったら黄色寄りに。
その後「緑が強くなったな」となれば、マゼンタもしくはレッドを足したり。
それも少しずつ!

色調整はずっと見てるとゲシュタルト崩壊のようなことになりますから(笑)
たまに離れて見てくださいね。

・特定色域の選択
これはよっぽどの時にしか使いません。
顔色が黒ずんでる時など。
あとミックス光で色がめちゃくちゃになってる時など(笑)

・マスク
マスクを覚えると作品作りの幅がぐんと広がります。
合成なんかもマスクめちゃ使います。

「白で表示。黒で非表示。」
と覚えてください。

・修復ブラシとパッチツール
修復系のツールのお話が途中で時間切れになってしまったのですが
コピースタンプもありますので
修復ブラシとコピースタンプを使い分けるコツなども合わせて次回できればと思います。


今日はお疲れ様でした。
またよろしくお願いします。
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校の講師も勤めた現役レタッチャー!基本操作~プロ級の裏技まで

新着レッスンノート

「人物レタッチ」 1.ぼかす (レイヤーの複製、ぼかし、マスクを追加、マスクを描く) 2.わかりやすい凹凸を取る (修復ブラシやコピースタンプ) 3.色ムラを取る (トーンカーブで明るくしたり、暗くしたり、色味を変えたり…) 「ぼかし」と、「修復ブラシ」で出来るだ...

「人物レタッチ」 昨日はお疲れ様でした、ありがとうございました! 使用ツールは ・修復ブラシ ・コピースタンプ ・トーンカーブ ・色相彩度 ・ぼかした画像を薄く合成 ・コピペして合成 と、これまでと変わらずですが 何と言ってもテクニックが必要な修正ばかりでした・...

「Photoshop基礎」 ・レイヤー 写真を重ねたり 色調整を重ねることができます。 直接、写真に加工してしまうと 元に戻すことができなくなってしまうので レイヤーを使うことをお勧めします! ・マスク マスクを覚えると作品作りの幅がぐんと広がります。 「白で表示。黒...

「人物レタッチ」 基本動作として、 1 背景の複製 2 調整レイヤーを作る(トーンカーブ、レベル補正など) 3 マスクを反転(⌘+I) 4 ブラシ(描画色を白色に、サイズ、硬さ、不透明度の調整) 5 マスクを塗る! です。 それが赤みを取るなら赤を下げた調整レイ...

「人物レタッチ」 ・レイヤー レイヤーは重なる順番も重要になってきますので 整理整頓しながら作ると 混乱しなくて良いかと思います。 ・マスク マスクを覚えると作品作りの幅がぐんと広がります。 「白で表示。黒で非表示。」と覚えましょう。 ブラシや、グラデーションツールで描...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta