サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート フォトショップでの商品切り抜きについて

フォトショップでの商品切り抜きについて

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン疲れ様でした。
今回はお仕事の流れから商品切り抜きについての基本をお話ししました。

しっかりメモを取っていただけましたので、大きな流れを記載いたします。

①商品画像が届きましたらフォトショップで開きます。

②切り抜きの基本「ペンツール」でクリックしながら点のパスを繋いでいきました。
「shift」を押すことで水平垂直にパスを引くことができ、間違えてしまったら「Control+Z」または「ヒストリー」パレットで戻れます。

③パスで囲んだあとは「パス」パレットに登録されていますので、下部の円点線マーク「選択範囲として読み込む」をクリックし、選択範囲を表示させました。

④コピー&ペーストをしますと商品が切り抜かれて新しいレイヤーが増えます。

⑤確認するため「レイヤー」パレットの下部「新規レイヤーを作成」を押して、今回は見やすいようにピンクで塗りつぶして、しっかり切り抜かれているかどうかをチェックしました。

⑥大丈夫であれば「ファイル」メニューの「別名で保存」からPhotoshop形式「psd」で保存することで、後々の編集が出来るようになります。「JPEG」保存でレイヤーが結合されて、編集はできませんが、ホームページアップ用ファイルになります。

⑦商品を囲んだ「パス」を編集する場合は白い矢印の「パス選択ツール」で「パス」上を掴んで移動させると変更ができ、また③の「選択範囲として読み込む」を行いますと④以降が可能となります。

⑧ホームページアップ用ファイルのサイズが決まっていれば、「ファイル」メニューの「新規」から、幅と高さを入力して「作成」を押しますと、指定した画面が現れますので、①〜⑦までで制作した画像をコピペして配置します。大きさ変更は「編集」メニューの「自由変形」から縮小できます。

今回は切り抜きの基本として一連の流れをお話しましたが、その他にも色々と切り抜き方法はあります。まずは上記が出来るようになりますと、その他の応用編も理解しやすくなりますので、参考になさって下さいね。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta