サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート Photoshop写真の切り抜き基本について

Photoshop写真の切り抜き基本について

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れさまでした!

Photoshop写真の切り抜き基本についてお話させていただきました。

①「ペンツール」での画像の切り抜き
画像を「ペンツール」で囲みます。点のパスを増やす場合は「ペンツール」長押しで「アンカーポイントの追加ツール」を選んで線上をクリックして追加。編集は白抜き矢印の「パス選択ツール」で点のパスを掴んで移動します。パスを「選択範囲」に変換するには「パス」パレットの「作業用パス」を選択し、下部の円点線マークをクリックします。ここで、コピペしますとレイヤーに複製されます。「作業用パス」は「パス」パレット右上から「新規パス」を選びますと新たなパスが登録できるようになります。これで何度も囲み直す必要がなくなりました。

②「多角形選択ツール」での画像の切り抜き
「多角形選択ツール」は使用されていましたので、間違って繋がってしまった場合は「Shift」を押しての「+」表示。Shiftを押さなくても「+」が表示されていれば、そのままクリックしながら繋げられます。「-」は「option」で表示されますので、はみ出した部分をカットするときに使用してください。

③コピペとレイヤーについて
上記①と②は結果的に、囲ってから点線の「選択範囲」を作ることが目的です。「選択範囲」が出来たら、コピペでレイヤーに複製しましょう。「レイヤー」パレットの目を消してみて複製されたことがわかります。複製されたものを個別に選択するには、レイヤーの画像部分を「Command」を押しながらクリックしてみましょう。選択されたら、今回部分的に「色調補正」してみましたね。

このように部分的に切り抜いて調整することで、オリジナルの写真は後から編集できるように残しておきましょう。

途中で別名保存にてpsdで書き出すことで、いつでもレイヤーを維持した状態で開けます。個別に切り抜いてレイヤー分けすることで、編集がしやすくなりますので、練習してみてください。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta