サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 大阪 ゆりっぺのPhotoshop教室 レッスンノート Adobe Camera Rawの編集について

Adobe Camera Rawの編集について

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

Adobe Camera RawはPhotoshopのプラグインとして組み込まれているRaw現像ソフトです。

今回TIffの保存や露出調整を行ったのはこの部分です。
Adobe Camera Rawは画像のプレビュー画面と上と横のツールの3つの構成になっています。



<補正についての簡単なご説明>

〜色温度〜
画像の一部の領域の色温度を上下させて調整します。段階フィルターの色温度効果を使用すると、混光照明の下で撮影した画像を改善することができます。

〜色かぶり補正〜
グリーンまたはマゼンタの色合いを補正します。

〜露光量〜
全体的な画像の明るさを設定します。露光量を部分的に補正することで、従来の覆い焼きと焼き込みに似た効果が得られます。

〜ハイライト〜
画像内の露出過多のハイライト領域のディテールを再現します。

〜シャドウ〜
画像内の露出不足のシャドウ領域のディテールを再現します。

〜白レベル〜
写真の白色点を調整します。

〜黒レベル〜
写真の黒点を調整します。

〜明るさ〜
画像の明るさを調整します。中間調に大きな影響を与えます。

〜コントラスト〜
画像のコントラストを調整します。中間調に大きな影響を与えます。

〜彩度〜
カラーの鮮明さまたは色の純度を変更します。

〜明瞭度〜
明瞭度の設定では、部分的なコントラストを上げることにより画像の深度を増加させます。


<補足>
・Photoshopでの加工編集からAdobe Camera Rawの効果を使う方法が分かりました。
次回の時に少しご説明いたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

業界歴18年以上のプロデザイナー!的確な指導と気さくな人柄で楽しく上達

新着レッスンノート

・ロゴ制作について ・その他ご相談

・パッケージ検討前、製品開発の流れ ・質問の回答

・市場調査

・パッケージの作り方、検討方法について ・その他ご質問の回答

・マークのパス ・色の調整 その他

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta