サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 楽しく覚えるPhotoshop教室 レッスンノート Photoshopでの画像編集

Photoshopでの画像編集

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンでは、印刷物作成に向けての画像編集を中心にレッスンを行っていきました。

まずは画像の切り抜きに関して、やり方はたくさんあるのですが
中でもよく使われるクイック選択ツールを使う方法とペンツールでパスを打っていく方法をご紹介しました。
クイック選択ツールでは選択したい部分をなぞっていくだけで選択ができますので
切り抜きたい画像のレイヤーを選んだ状態でコピー&ペーストしてください。
ペーストすると新規レイヤーが作成され、切り抜いた画像だけがコピーされます。
クイック選択ツールでうまく選択ができない場合は、ペンツールでパスを打ちます。
ペンツールでパスを打ち、選択したい範囲を囲んだあと、パスのタブから点線の◯のアイコンをクリックするとその部分が選択範囲に変わりますので、先ほどと同じくコピー&ペーストしてください。

貼り付けたあとの画像のサイズを変更する際は、移動ツールに切り替え、バウンディングボックスを表示して変更します。
その際、バウンディングボックスの周囲にある四角いマークをクリックすると、上部に詳細が表示されますので、その中の鎖マークを押すと縦横比が連結できます。ぜひ使ってみてくださいね。

画像の色を調節する際は、イメージ>色調補正内の項目を使います。
いろいろなやり方がありますが、まずはよく使うトーンカーブと色相・彩度についてレッスンしていきました。
トーンカーブは写真の色調節でよく使いますので、特に重点的に練習するといいでしょう。
トーンカーブの数値は写真によって違い、グラフのいじり方も写真によって変わりますので
感覚に慣れるため、まずはいろいろな写真を使って練習してみてくださいね。
色相・彩度はマスターの項目で全体の色味を調節するだけではなく、各種色のカテゴリごとの調節もできるようになると良いと思います。

ぜひがんばってみてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

使用歴14年以上、デザイン会社に勤務!写真編集~デザイン制作まで幅広く

新着レッスンノート

Photoshopやクリップスタジオを使ってパンフレット等の冊子デザインをする際に必要な知識や技術についてのレッスンを行いました。 設定 ・Photoshopで印刷に必要な入稿データを作成する場合、まずは新規作成から仕上がりサイズを選んでデータを作ります。 (B判に関してはJISと表...

本日はスマホのアプリデザインについてのアドバイスを中心としたレッスンを行っていきました。 スマホアプリのデザインにおいて重要なことは、使いやすさと見やすさです。 特に画面が小さいスマホにおいては見やすさはユーザーにとってとても重要なポイントになります。 文字が多すぎたり画面がごちゃご...

今回のレッスンでは、クリップスタジオ(以下クリスタ)とフォトショップとの用途の違いや、使い分け、どういったことが得意か等と、機能の説明を行いました。 クリスタとフォトショは大きくわけると クリスタ:絵を描く フォトショップ:写真や画像を加工する となります。 フォトショップでも絵...

今回のレッスンでは、引き続き質問に答える形でClip studioの使い方をレクチャーしていきました。 オートアクションの使用方法ですが、これは上部メニューのウィンドウより表示させることができます。 表示させた後は、左右のタブ内に表示されていますので、 タブをたたむ、もしくはアイコン...

今回はクリップスタジオの機能や使い方等についてのレッスンをしていきました。 ・素材に関して クリップスタジオからDLした素材にはいくつか種類があり、それによって使い方やパレットへの格納方法も異なります。 種類は、ダウンロードした素材を選択すると同一タブ内下部に表示されますので、そちら...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta