サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 フォトレタッチ講座 レッスンノート Photoshopレッスン第3回目

Photoshopレッスン第3回目

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は長時間お疲れ様でした〜!



-------------------------------------------------------------------------

前回お送りしたレッスンノートのおさらいになりますが
人物の合成レシピです!

1.レイヤーを複製する
2.変形したいところを長方形選択ツールで選択する
3.編集→コピー
4.編集→ペースト
5.編集→変形→ワープ
6.できるだけシンプルにワープをかける(外枠を触らないほうが綺麗)
7.右上の「◯」で確定
8.必要に応じてマスクをかける場合は、レイヤーパレット下部の日の丸アイコンで新規マスク
9.マスクをブラシで描く、もしくは、選択範囲を作ってからブラシで描く
 (非表示にする面積が大きい場合、黒で塗りつぶしてから白のブラシで描く) 
10.下のレイヤーと結合をする


-------------------------------------------------------------------------

それと今日はぼかしもやりましたね!

1.レイヤーを複製する
2.フィルター→ぼかし→ぼかし(ガウス)
3.ぼかし量を調整する→OK
4.ぼかしをかけたレイヤーにマスクをかける
5.マスクを黒で塗りつぶす(編集→塗りつぶし→ブラック→OK)
6.マスクを白のブラシで描く

-------------------------------------------------------------------------

明るさの調整をすることによって
顔に陰影をつけ目を濃くしたり、鼻を高くしたりすることができます。
ちょうど、お化粧でハイライト、シャドーいれたりしますよね。
あれと同じような原理です!

1.調整レイヤー「明るさ・コントラスト」を出す
2.明るく、もしくは暗く設定する。
3.マスクを黒で塗りつぶす(編集→塗りつぶし→ブラック→OK)
4.マスクを白のブラシで描く
ブラシの設定は「不透明度」を10〜20%の間にしておくと微調整しやすいです

-------------------------------------------------------------------------


次回、レタッチした画像楽しみにしてますね!
宜しくお願い致します!
このレッスンノートを書いたコーチ

専門学校の講師も勤めた現役レタッチャー!基本操作~プロ級の裏技まで

新着レッスンノート

「人物レタッチ」 1.ぼかす (レイヤーの複製、ぼかし、マスクを追加、マスクを描く) 2.わかりやすい凹凸を取る (修復ブラシやコピースタンプ) 3.色ムラを取る (トーンカーブで明るくしたり、暗くしたり、色味を変えたり…) 「ぼかし」と、「修復ブラシ」で出来るだ...

「人物レタッチ」 昨日はお疲れ様でした、ありがとうございました! 使用ツールは ・修復ブラシ ・コピースタンプ ・トーンカーブ ・色相彩度 ・ぼかした画像を薄く合成 ・コピペして合成 と、これまでと変わらずですが 何と言ってもテクニックが必要な修正ばかりでした・...

「Photoshop基礎」 ・レイヤー 写真を重ねたり 色調整を重ねることができます。 直接、写真に加工してしまうと 元に戻すことができなくなってしまうので レイヤーを使うことをお勧めします! ・マスク マスクを覚えると作品作りの幅がぐんと広がります。 「白で表示。黒...

「人物レタッチ」 基本動作として、 1 背景の複製 2 調整レイヤーを作る(トーンカーブ、レベル補正など) 3 マスクを反転(⌘+I) 4 ブラシ(描画色を白色に、サイズ、硬さ、不透明度の調整) 5 マスクを塗る! です。 それが赤みを取るなら赤を下げた調整レイ...

「人物レタッチ」 ・レイヤー レイヤーは重なる順番も重要になってきますので 整理整頓しながら作ると 混乱しなくて良いかと思います。 ・マスク マスクを覚えると作品作りの幅がぐんと広がります。 「白で表示。黒で非表示。」と覚えましょう。 ブラシや、グラデーションツールで描...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta