サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 楽しく覚えるPhotoshop教室 レッスンノート Photoshop・基礎編

Photoshop・基礎編

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、Photoshopを使って何ができるか、また各種ツールの説明や、解像度等についての説明など基礎的なことについてレッスンしていきました!

画像を作るときはまずファイル>新規でデータを新規作成しますが
その際、サイズは基本pixelで設定しましょう。
印刷に使用する場合はセンチ/ミリなどを使用すると良いでしょう。
同じく解像度に関してですがWEB上で用いる場合は基本72dpi、印刷を想定する場合は300〜350dpiでデータを作成し
印刷の場合のみカラーモードをCMYKに設定しましょう。
(デフォルトはRGBになっており、web等で使用する画像は基本こちらで大丈夫です)

人物を切り抜く際、クイック選択ツールを使うと素早く選択することができます。
コピペして別の場所に貼った際、ふちのなじみがきになる場合は
消しゴムツールで消していきます。
その際、消しゴムの硬さを柔らかくしたり、不透明度を下げたりして、違和感なく消せるように調節してくださいね。

背景に色を載せる場合は、塗りつぶしツールで一気に塗るといいでしょう。
その際、レイヤー>レイヤースタイル内のグラデーションオーバーレイを使うと後からグラデーションをかけることが可能です。

画像内に文字を打つ場合、テキストボックスを何個も作るのではなく
改行して複数行の文章を作成し
文字パネルで文字の感覚や文章の感覚を調節すると簡単にできて良いと思います。

Photoshopはまずは慣れるところからなので
ぜひ、自分でもいろいろと触ってみてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

使用歴14年以上、デザイン会社に勤務!写真編集~デザイン制作まで幅広く

新着レッスンノート

Photoshopやクリップスタジオを使ってパンフレット等の冊子デザインをする際に必要な知識や技術についてのレッスンを行いました。 設定 ・Photoshopで印刷に必要な入稿データを作成する場合、まずは新規作成から仕上がりサイズを選んでデータを作ります。 (B判に関してはJISと表...

本日はスマホのアプリデザインについてのアドバイスを中心としたレッスンを行っていきました。 スマホアプリのデザインにおいて重要なことは、使いやすさと見やすさです。 特に画面が小さいスマホにおいては見やすさはユーザーにとってとても重要なポイントになります。 文字が多すぎたり画面がごちゃご...

今回のレッスンでは、クリップスタジオ(以下クリスタ)とフォトショップとの用途の違いや、使い分け、どういったことが得意か等と、機能の説明を行いました。 クリスタとフォトショは大きくわけると クリスタ:絵を描く フォトショップ:写真や画像を加工する となります。 フォトショップでも絵...

今回のレッスンでは、引き続き質問に答える形でClip studioの使い方をレクチャーしていきました。 オートアクションの使用方法ですが、これは上部メニューのウィンドウより表示させることができます。 表示させた後は、左右のタブ内に表示されていますので、 タブをたたむ、もしくはアイコン...

今回はクリップスタジオの機能や使い方等についてのレッスンをしていきました。 ・素材に関して クリップスタジオからDLした素材にはいくつか種類があり、それによって使い方やパレットへの格納方法も異なります。 種類は、ダウンロードした素材を選択すると同一タブ内下部に表示されますので、そちら...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta