サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート Photoshop+Illustratorの基本

Photoshop+Illustratorの基本

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Photoshopの基本とIllustratorの基本を少しレッスンしていきました。

Photoshopにおいてはレイヤーパネルがとても重要なツールになります。
まずはレイヤーパネルに慣れていきたいですね。

レイヤーマスクも調整レイヤーもレイヤーパネルで行う機能になります。

「ヒストグラム」についてもお話していきました。
画像の明るさをグラフにしたものですね。レベル補正やトーンカーブを利用して、このグラフの形を変えることで明るさを調整できます。

色調補正は調整レイヤーを利用しましょう。
直接色味を変えてしまうと元の色情報がなくなってしまいます。
破壊編集ではなく、非破壊編集を心がけましょう。

Illustratorについては少ししかお話できませんでしたが、Photoshopと同じようにレイヤーパネルが重要です。
レイヤーを展開して、オブジェクトがどのような構成になっているかを確認しましょう。
オブジェクトの状態が確認できれば編集もスムーズです。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした! なかなかPC版とは違って、できることに制限がありますが、 その分直感的に使えるようにはなっていると思います。 今後も便利にアップデートされていくとは思うので、引き続き使いながら学習していけると良いと思います!

レイヤーついては、どのレイヤーで作業しているかを常に意識することが大切ですね。 うっかりと別のレイヤーで作業してしまうと修正が大変になることもあります。 選択範囲はレイヤーをまたぐので、その感覚をはやくつかめるとよいですね。

選択範囲、レイヤー、合成変形などについてレッスンしていきました。

ipad版Photoshopについてレッスンしました。

体験レッスンおつかれさまでした! Photoshopをつかって簡単なバナー(のようなもの)を作ってみました。 画面の見方、基本ツールの紹介などレッスンできたかなと思います。 特にレイヤー、選択範囲については覚えておきたいですね。ぜひ復習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta