サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート 写真の切り抜き合成の基本

写真の切り抜き合成の基本

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れさまでした!

今回は写真の切り抜き合成の基本を体験していただきました。

切り抜きにはいろいろな方法がネットには掲載されていますが、文章にすると長くなりますので、読むのも大変です。体験されたことを練習して、まずは基本を習得すると、他にも応用がきいてきます。

①「多角形選択ツール」での切り抜き
「ペンツール」での切り抜きは、パスにできるメリットがありますが、もっと早く切り抜くには、今回体験したように拡大の拡大を行い、気持ち内側を丁寧に細かな点を刻んでいくことが、キレイに切り抜く方法になります。細かく点を刻むことで曲線も滑らかに見えます。ただダブルクリックしてしまうと選択範囲に変わってしまうので、練習が必要です。ハミでた部分などは、Altを押すことで「多角形選択ツール」に「-」が付くので削り、増やしたい時はshiftを押すことで「多角形選択ツール」に「+」が付き、選択範囲を増やせます。もちろん「ペンツール」でのパスも編集には便利ですので、基本としては両方を素早く切り抜きできるようになれるとベストです。

②「選択範囲の境界線」
写真をよく見ると、素材との境界線は少しでも離れるとボヤけています。「大きなポスター」の写真を切り抜いた際には、この境界線を少しボカすことで、リアルに見えてくるので、体験していただきました。まず①のように写真を切り抜き、全体を「command+A(すべてを選択)」し、Altを押すこと「ハサミ」アイコンに変わります。そこで素材をクリックして、キーの矢印の左右を押して選択範囲を素材に変更、「選択範囲」メニューの「選択範囲を変更」→「境界線」で素材のフチのみに選択範囲を設けて「フィルター」メニューの「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」で、境界線を少しだけボカしました。これは大きな素材の場合に役立ちます。

③「クイック選択ツール」と「自動選択ツール」
これは簡単に選択範囲がつくれるのですが、若干粗いため「大きなポスター」には向いてなく、小さく扱う場合に使用するといいでしょう。

大きなところで記載しましたので、使い分けができるよう、参考にしてみてください。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta