サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート 写真レタッチの基本について

写真レタッチの基本について

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。
本日は写真レタッチの基本について、いろいろお伝えしましたので、主なところを記載しました。

【写真の一部を消して修復する方法】
大きくは左側ツールの3種を使い分けます。
①-1「スポット修復ブラシツール」
   消したい部分をなぞると周りの背景を同化させて修復してくれます。
   円の大きさは左上にあるブラシオプションから数値を変えてみてください。
①-2「パッチツール」
   消したい部分を囲みます。囲んだあとに引っ張りながら同化させたい
   空間で離しますと今回のように、なじませて消したようなことが出来ます。
①-3「コピースタンプツール」
   まずはコピーする部分をAltを押してターゲットを表示しクリック、
   消したい部分をなぞるとコピーした部分が複製されます。

【髪を選択して消す方法】
大きくは左側ツールの2種を使い分けます。試してみて使いやすい方でいいと思います。
②-1「なげなわツール」で消したい髪をフリーハンドで囲みます。
②-2「多角形選択ツール」で消したい髪をクリックしながら囲みます。
そして「コピースタンプツール(①-3参照)」で背景で髪部分を埋めていきました。
背景でなじんでいない部分は「パッチツール」で囲んで同化させましょう。
同じ方法で胸部分を「多角形選択ツール」で囲み「コピースタンプツール」で余分なところをカットしました。

【髪を選択して色を変更する】
「なげなわツール」や「多角形選択ツール」を選択すると、上部に「ぼかし」の数値がありますので、ここが「0」の場合は境界線がない状態で、例えば「30」にすると、「0」に対して「30」の「ぼかし(境界線)」が、見えない範囲で適用されます。「30」にして髪の周りを囲み、「イメージ」メニューの「色調補正」→「色相・彩度」で色が変えられますが、ここの色の変更は、まだいくつか方法がありますので、次回以降などでお伝えできればと思います。

【メイクする】
「ウィンドウ」メニューの「レイヤー」パレットを選択して、パレットの右下から2番目の「新規レイヤーを作成」ボタンを押して、不透明度を20〜30にし「スポイトツール」で肌をクリックして、肌色を抽出。そして「ブラシツール」に持ちかえて、メイクしてみました。足りない部分は「新規レイヤーを作成」で追加し、不透明度を20~30にして新たにメイクしてみました。

その他に拡大縮小のショートカットキーは「スペース+コントロール」で拡大、「スペース+コントロール+Alt」で縮小、「スペース」のみを押すと「手のひら」マークになり、クリックしながら画面を移動できます。


文章にすると長くなってしまいましたが、今後の参考にしてみてくださいね!
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta