サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート スキャンで取り込んだイラストを抽出するには?

スキャンで取り込んだイラストを抽出するには?

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお疲れさまでした。

Photoshopが初めてとのことで、今回はスキャンで取り込んだイラストを抽出する方法をお伝えしました。
①まずはPhotoshopを立ち上げてから上部「ファイル」メニューの「開く」から取り込んだイラストを選択しましょう。開いたイラストを上部「レイヤー」メニューの「新規調整レイヤー」から「レベル補正」を選んでOKを押しますと、グラフのようなパレットが出ますので、右下の三角を左に少し移動させると、スキャンの裏写りが消えます。左下の三角を右に移動させると濃くなります。
②スキャン画像が整ったら左の「自動選択ツール」で、イラストの黒い部分をクリックします。
③上部「選択範囲」メニューの「近似色の選択」を選びますと、イラストの黒い部分が全て選択されました。
④上部「編集」メニューの「コピー」と、同じく「ペースト」を行いますと「レイヤー」が増えて、イラストの黒い部分だけが抽出されました。右にある「レイヤー」パレットを見ると、イラストの黒い部分のレイヤーと背景のレイヤーに別れたことが分かります。背景レイヤーの目のアイコンをクリックすると、イラストの黒い部分だけ残り、背景が透明(グレーの格子柄)になっているのが分かります。
⑤「レイヤー」パレットの左上部にあった「新規レイヤーを作成」ボタンで(マウスを持っていきますと表示が出ます)新しいレイヤーをイラストレイヤーの下側に追加しました。
⑥左の「ブラシツール」で、色を選択し直して、新しいレイヤーにピンクで着色してみました。抽出したイラストの線の下にあるので、ピンクで着色してみてもイラストの線には影響ありませんでしたね。
⑦左の「消しゴムツール」でピンクを消してみたりもしました。
⑧上記によってイラストの線を抽出したので、同様に他のイラストでも行いますと様々な着色ができるようになります。

今日はここまでで時間が来てしまったので、大まかではありますが、ポイントを記載しました。復習用に活用してみてくださいね。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta