サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート 選択範囲とブラシの設定について

選択範囲とブラシの設定について

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンおつかれさまでした。

前回の復習を中心にレッスンしていきました。

描画モードの変更による合成は重ね合わせる画像の内容が大切です。
描画モードを変更するだけで合成を完了させるためには、位置や明るさなどの条件が揃っていなければなりません。

選択範囲を作り、レイヤーマスクを利用する方法は汎用性が高い方法です。
重なったレイヤーの色調を補正し、適用させたい部分だけを表示させるのがレイヤーマスクです。
今回は自動選択ツールを利用して続けて選択しながら選択範囲を作成していきました。
続けて選択する場合はShiftを押しながら選択していきます。

選択範囲を利用する機能やツールはとてもたくさんありますし、どの作業においても選択範囲を作ることから始まるといえます。

拡張・縮小・ぼかしなどを適用しながらイメージ通りの選択範囲を作成していきましょう。
現在の選択範囲がどのような形になっているのかを確認するときにはクイックマスクモードボタンを押します。
赤く範囲が表示されますので、ボケ具合などを確認しましょう。

覆い焼きツールや、コピースタンプツールで重要になってくるのが、作業用ブラシの設定です。
ブラシのサイズと硬さを調整します。
ツールによっては、透明度や流用度を設定できます。
これも選択範囲と同様に、理想的なブラシを作ってから各種機能を適用していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした! なかなかPC版とは違って、できることに制限がありますが、 その分直感的に使えるようにはなっていると思います。 今後も便利にアップデートされていくとは思うので、引き続き使いながら学習していけると良いと思います!

レイヤーついては、どのレイヤーで作業しているかを常に意識することが大切ですね。 うっかりと別のレイヤーで作業してしまうと修正が大変になることもあります。 選択範囲はレイヤーをまたぐので、その感覚をはやくつかめるとよいですね。

選択範囲、レイヤー、合成変形などについてレッスンしていきました。

ipad版Photoshopについてレッスンしました。

体験レッスンおつかれさまでした! Photoshopをつかって簡単なバナー(のようなもの)を作ってみました。 画面の見方、基本ツールの紹介などレッスンできたかなと思います。 特にレイヤー、選択範囲については覚えておきたいですね。ぜひ復習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta