サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート Photoshopによるデータ作成

Photoshopによるデータ作成

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Photoshopでのイラストデータ作成についてレッスンしていきました。
データの作成・修正はレイヤーごとに行うことを徹底しましょう。
今、どのレイヤーを指定しているのかいつも意識してくださいね。

アップロード用のデータを作成する際には解像度を設定する必要がありました。
イメージ→画像解像度の項目から設定変更できます。
その際に、再サンプルのチェックを外しておきましょう。
入れたまま解像度を変えてしまうと画像が極端に大きくなったり小さくなったりしてしまいます。

画像を消すことと同じ意味合いで使用できるレイヤーマスク機能をご紹介しました。
選択範囲を作ってからレイヤーマスク追加ボタンを押して作成します。

レッスン最後にワークスペースの変更を行いました。
ウィンドウメニューのワークスペース項目から設定変更できます。
自分なりのワークスペースをつくってもよいですし、分からなくなったら一度初期設定に戻してあげればOKです。

今後は、現在の方法に加えて別のやり方やアプローチを学んでいくと応用力がつきます。
表現の幅、完成度も上がると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした! なかなかPC版とは違って、できることに制限がありますが、 その分直感的に使えるようにはなっていると思います。 今後も便利にアップデートされていくとは思うので、引き続き使いながら学習していけると良いと思います!

レイヤーついては、どのレイヤーで作業しているかを常に意識することが大切ですね。 うっかりと別のレイヤーで作業してしまうと修正が大変になることもあります。 選択範囲はレイヤーをまたぐので、その感覚をはやくつかめるとよいですね。

選択範囲、レイヤー、合成変形などについてレッスンしていきました。

ipad版Photoshopについてレッスンしました。

体験レッスンおつかれさまでした! Photoshopをつかって簡単なバナー(のようなもの)を作ってみました。 画面の見方、基本ツールの紹介などレッスンできたかなと思います。 特にレイヤー、選択範囲については覚えておきたいですね。ぜひ復習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta