サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート 空を青くする方法

空を青くする方法

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

Photoshopの基本操作を確認しながら、レイヤーパネルなどを利用して空を青くする方法についてレッスンしていきました。

まず重要なことが選択範囲を作成することです。
理想的な選択範囲を作成するためにいくつかの機能を併用していきます。

今回は色域指定を利用しました。
許容量を調整しながら理想的な選択範囲になるように設定していきます。

選択範囲ができたら、保存します。
チャンネルに保存することで何度でも読み込むことができます。

作成した選択範囲を使って、新規レイヤーに色を塗ったり、調整レイヤーを追加したりしながら、最適な方法を探っていきます。

Photoshopは多機能なので最適な方法がいつも同じとは限りません。
いくつかの方法を試しながらイメージを作っていきましょう。

他にも、レイヤーマスク、グラデーションレイヤー、クリッピングマスク、など紹介していきました。
一度に全ては覚えきれないと思いますので少しずつ確かなものにしていきましょう。

ひとまず本日の内容は復習して、1人でもできるかどうかチャレンジしてみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

70代まで指導する、美大卒コーチ!あなたのオリジナリティ生かします。

新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした! なかなかPC版とは違って、できることに制限がありますが、 その分直感的に使えるようにはなっていると思います。 今後も便利にアップデートされていくとは思うので、引き続き使いながら学習していけると良いと思います!

レイヤーついては、どのレイヤーで作業しているかを常に意識することが大切ですね。 うっかりと別のレイヤーで作業してしまうと修正が大変になることもあります。 選択範囲はレイヤーをまたぐので、その感覚をはやくつかめるとよいですね。

選択範囲、レイヤー、合成変形などについてレッスンしていきました。

ipad版Photoshopについてレッスンしました。

体験レッスンおつかれさまでした! Photoshopをつかって簡単なバナー(のようなもの)を作ってみました。 画面の見方、基本ツールの紹介などレッスンできたかなと思います。 特にレイヤー、選択範囲については覚えておきたいですね。ぜひ復習してみてください。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta