サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopデザイン教室 レッスンノート データを軽くする方法について

データを軽くする方法について

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初めてのレッスンお疲れ様でした。

最初にデザインに対するバランスやアキの使い方などの悩みを聞かせていただきましたが、今後のレッスンで、きっと解決していきますので安心してください。

さて、忘れないように以下に記載しましたが、今日は簡単な実践で使える【データを軽くする方法について】もお話させていただきました。

①イラストレーターでデータを軽くする
・ai保存時に「PDF互換ファイルを作成」のチェックを外す

②PDF作成の際にデータを軽くする
 1つ目の方法:オプションのチェック3箇所を外す→これで軽くならなければ・・・
 2つ目の方法:画像がai内にある場合→保存画面時の圧縮を選び「ダウンサンプル(バイキュービック法)」
        解像度150を2箇所にいれる(プリンター出力の場合)
 3つ目の方法:Acrobat ProでPDFを開き「ファイル」→「その他の形式で保存」→「サイズが縮小されたpdf」を選択して保存。すると更に軽くなります。

今後は好きなキャラクターを例にしたチラシをイメージして、基本から応用まで学んでいけると覚えるのも早いと思います。


では、次回レッスンもお会い出来るのを楽しみにしてますね!
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れさまでした。 イラストレーター、フォトショップで最初にすることとして それぞれのパレットを調整しました。 保存をしましたので、今後は設定した通りにパレットが 開くと思います。 イラストレーター、フォトショップともパレットの種類は たくさんあります...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回から少しお時間が空いてしまいましたが、「フォトショップでの合成」について、 復習もかねてお話しましたので、以下おおまかなポイントにて参考になさってください。 ①「ブラシツール」でのメイク 新規レイヤーを作成→「不透明度30%」くらいに設定→...

本日もレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き「フォトショップでの合成」について、 後ほどデータもお送りしますので、参考になさってください。 ①肌を整えるツール 「スポット修復ブラシツール」と「パッチツール」 細かな部分は「スポット修復ブラシツール」でなぞると消えます。少し...

本日もレッスンお疲れさまでした。 先週に引き続き「フォトショップでの合成」について、 大まかな内容を記載しましたので、参考になさってください。 ①合成素材にランプを追加 「クイック選択ツール」にてランプを選択。 うまく選択されない場合は「Shift」を押すと「+」、「Opti...

先程は体験レッスンお疲れさまでした! 「フォトショップでの合成」について、レッスンノートとして大まかな内容を記載しましたので、参考になさってくださいね。 ①画像の切り抜き  A.基本形として「ペンツール」で画像を拡大しながら、細かく点を打っていきます。   囲まれたら「パス」パ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta