Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート 【体験レッスン:写真からいらないものを削除する方法】

【体験レッスン:写真からいらないものを削除する方法】

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
そして早速のご入会、誠にありがとうございます!
改めて今後ともよろしくお願いいたします!

レッスン後は、「レッスンノート」というこちらのレポートのようなものを送らせていただいています。
文字のみの情報でわかり辛くはありますが、レッスン後もぜひご参考になさってください!
(今回はこのレッスンノートが大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした)


さて、体験レッスンは「写真からいらない物や影を簡単に取り除くには」というテーマでお送りしました!

レッスンでは「スポット修復ブラシツール」というツールを使い、サクサクと作業してみましたが、お使いのPhotoshopは、このブラシがあるバージョンだったでしょうか?
とりあえず、使い方を簡単にまとめておきたいと思います!


【スポット修復ブラシツールの使い方】
①ツールパネルから「スポット修復ブラシツール」を選択
②ブラシのサイズ(太さ)を任意のものにする。
※太さは画面左上の「●∨」のところをクリックして「直径」を変えることで変更できます。
③画面上の「オプションパネル」の「種類」を「コンテンツに応じる」にしておく
④取り除きたいところをなぞる

《「コンテンツに応じる」とは》
今まさになぞっているその部分の周りの色や状態(コンテンツ)を自動で判断し、それに合わせて(応じる)なぞった部分を補完していく、という技術です。
そのため、コピースタンプツールよりもより自然な補完を可能にしています。

ただし、すぐ周りの状況を判断しているため、いろいろなものがゴチャゴチャと入り混じっているような部分は思うように補完してくれない場合もあります。
そのときは、ブラシのサイズを変えてみる、少しずつ少しずつなぞっていく、逆に一気に沢山なぞる…等、工夫をしながら良い塩梅を見つけてみてください!


【パッチツールを使う】
ある程度広いところなどを一気に作業してしまいたい場合はパッチツールもおすすめです。
「パッチツール」は、

①修復したい部分を「パッチツール」で囲む
②その囲んだ場所をドラッグするようにあちこちに動かしていく
③丁度よいところでマウスを離すと、その離したあたりが①で囲んだ部分に移植される

というような使い方をします。
(オプション設定で、①を逆(先に参照する場所を囲んで、修復したいところにもっていく)という事もできます)


【基本のコピースタンプツール】
上記の2つのツールが無い古いバージョンのPhotoshopでは、コピースタンプツールが活躍します。もちろん新しいバージョンでも活躍してくれますが(笑)


場所によりこれらのツールを使い分けていくと良いでしょう。
また、場所によっては、いっそ別のところからコピー&ペーストで持ってきてしまう、という技も可能です(笑)


このように、Photoshopは「何か1つのことを成し遂げたい」ときに選べる選択肢が沢山あります。
この作業はこれ!という決まったものがあるわけでありません。

ケースによっていろいろなツールや機能を使い分けられることが出来ると、作業時間の短縮にも繋がります、仕上がりもより美しくなります。

レッスンでは、そのような「いろいろな手法」をいろいろと、試していきたいと思います!
改めて今後とも、よろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

関西ノリが面白い!イラストも書ける、現役DTP・WEBデザイナー

レッスンノート ページ先頭へ